[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など: 暦―暦注―上段―行事・祝日―節分

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

暦―暦注―上段―行事・祝日―節分

「暦―暦注―上段―行事・祝日―節分」カテゴリのコンテンツ

暦―暦注―上段―行事・祝日―節分」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 5 ページあります。

  1. 節分

    (複製)節分とは、広義では、春夏秋冬の各季節を分ける節目の日(季節の始まりの日。立春・立夏・立秋・立冬)の前日をいい、年4回ある。ただし、春が始まる立春の前日が重視されたことから、狭義では(現在では)、2月3日頃が節分として定着した。
  2. 節分―豆まき

    (複製)豆まきとは、節分の夜に、「福は内、鬼は外」と唱えながら煎った豆をまくことをいう。季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、宮中行事で鬼を祓う儀式である追儺が行われていたことに由来すると解されている。
  3. 節分―恵方巻(恵方巻き)

    (複製)恵方巻とは、節分の夜に食べる縁起物の太巻き(節分用巻き寿司)をいう。太巻きは昔から節分にその年の健康を祈る縁起物として食べられてきた。
  4. 節分―節分いわし(節分イワシ)

    (複製)節分いわしとは 節分いわしの定義・意味・意義 節分いわしとは、西日本を中心に、節分の日にいわしを焼いて食べ、焼いたいわしの頭を柊(ひいらぎ)の枝に刺して玄関に飾る風習をいう。 節分いわしの趣旨・目的・...
  5. 節分―節分そば(節分ソバ・節分蕎麦)

    (複製)節分そばとは 節分そばの定義・意味・意義 節分そばとは、立春の前日にあたる節分の日にそばを食べる風習をいう。 節分そばの趣旨・目的・役割・機能 年越しそば 節分そばの歴史・沿革・経緯・由来・起源・発祥...


関連コンテンツ

「暦―暦注―上段―行事・祝日―節分」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「暦―暦注―上段―行事・祝日―節分」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー