[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など: 住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の構造・構法・工法

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。



住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の構造・構法・工法

「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の構造・構法・工法」カテゴリのコンテンツ

住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の構造・構法・工法」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 7 ページあります。

  1. 住宅の構造・構法・工法

    住宅の構造・工法は、①木造②鉄骨造③鉄筋コンクリート造の3つに大別される。構造・工法は住宅のデザインや間取りに大きく影響し、また、それぞれにメリット・デメリットがある。
  2. 住宅の構造・構法・工法―木造―木造軸組構法(在来軸組構法・在来工法)

    木造軸組構法とは、日本で古くから発達してきた伝統工法を簡略化・発展させた木造の構法で、土台、柱、梁を組み上げて建物の骨組をつくる、もっとも一般的なものをいい、在来軸組構法または在来工法とも呼ばれている。同じ木造である木造枠組壁構法(ツーバイフォー工法)が壁や床といった面材で支えるのに対して、柱や梁といった線材(軸組)で支える構造であることが特色である。この構造のため、高い間取りの自由度等というメリットがある反面、気密性・断熱性・防音性等には劣る。
  3. 住宅の構造・構法・工法―木造―木造枠組壁構法(ツーバイフォー工法)

    木造枠組壁構法とは、2✕4インチ等の木材の枠に構造用合板(または構造用パネル)を釘打ちした耐力壁等の面材で箱のように組み立てる木造の工法をいい、ツーバイフォー工法とも呼ばれている。床・壁・天井といった面材で支えるという特色がある。この構造のため、耐震性・耐風性や気密性・断熱性・防音性というメリットがある反面、間取り・リフォームに制約がある。
  4. 住宅の構造・構法・工法―鉄筋コンクリート造(RC造・RC構造)

    鉄筋コンクリート造とは、引っ張りに強い鉄筋と圧縮に強いコンクリートを一体的に使用した建築物の構造をいい、RC造またはRC構造と略される。耐久性・耐震性・耐火性や気密性、遮音性が高いが、コストが高めで、それ自体は断熱性に劣る。
  5. 住宅の構造・構法・工法―鉄筋コンクリート造―ラーメン構造

    ラーメン構造とは、柱や梁を剛接合して建物を支える鉄筋コンクリート造の構造をいう。この構造のため、間取りやリフォームの自由度が高いというメリットがある反面、柱や梁が大きく室内に露出するため、インテリアに影響を与えるというデメリットがある。
  6. 住宅の構造・構法・工法―鉄筋コンクリート造―ラーメン構造―薄肉ラーメン構造(扁平ラーメン構造・厚肉床壁構造)

    薄肉ラーメン構造とは、柱を扁平にして壁と床を厚くしたラーメン構造をいう。柱を扁平にする(ラーメン構造の柱より薄くする)とともに壁・床を厚くする(壁式構造の壁・床より厚くする)ことで、ラーメン構造の剛接合を確保しながら、壁式構造のフラットな面構成を実現する構造である。
  7. 住宅の構造・構法・工法―鉄筋コンクリート造―壁式構造(壁構造)

    壁式構造とは、鉄筋コンクリートの壁によって建物を支える鉄筋コンクリート造の構造をいう。この構造のため、柱や梁がなく、すっきりとしたフラットな内部空間になるというメリットがある反面、間取り・リフォームに制約があるというデメリットがある。



関連コンテンツ



「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の構造・構法・工法」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の構造・構法・工法」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー