[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など: 住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―間取り―方法―グリッドプランニング

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―間取り―方法―グリッドプランニング

「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―間取り―方法―グリッドプランニング」カテゴリのコンテンツ

住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―間取り―方法―グリッドプランニング」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 3 ページあります。

  1. グリッドプランニング

    グリッドプランニングとは、基準寸法(モジュール)で構成された(モジュール化された)グリッド(格子)状の基準線にあわせて間取りを計画する方法をいう。
  2. グリッドプランニング―基準寸法(モジュール)―尺貫法

    尺貫法とは、長さの単位を尺、質量の単位を貫、体積の単位を升とする日本古来の度量衡法をいう。日本では、グリッドプランニングの基準寸法(モジュール)として尺貫法が用いられてきて、グリッドの間隔としては、木造住宅では910mm(3尺)が多く使われてきた。
  3. グリッドプランニング―基準寸法(モジュール)―尺貫法―尺

    尺とは、日本古来の度量衡法である尺貫法における長さの単位をいう。尺貫法における長さの単位は尺を基本に、寸・間がある。畳・坪数とも関係し、身体尺をベースにしている。


関連コンテンツ

「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―間取り―方法―グリッドプランニング」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―間取り―方法―グリッドプランニング」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー