[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など: 住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の性能②耐火性

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。



住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の性能②耐火性

「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の性能②耐火性」カテゴリのコンテンツ

住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の性能②耐火性」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 5 ページあります。

  1. 耐火性

    住宅性能表示制度では、新築については「火災時の安全に関すること」を住宅の性能のひとつにし、建築基準法は、地域と建物の延べ面積・階数により、建築できる建物の構造や建材を規制している。
  2. 耐火性―防火材料

    (複製)防火材料とは、燃えにくい建材のことで、建築基準法と建築基準法施行令(政令)が定める①不燃材料②準不燃材料③難燃材料の3つの総称をいう。
  3. 耐火性―防火材料―不燃材料

    (複製)不燃材料とは、防火材料のうちもっとも不燃性能(燃えにくさ)が高いものをいう。建築基準法が定義している。
  4. 耐火性―防火材料―準不燃材料

    (複製)準不燃材料とは、防火材料のうち不燃材料に次ぎ不燃性能(燃えにくさ)が高いものをいう。建築基準法施行令(政令)が定義している。
  5. 耐火性―防火材料―難燃材料

    (複製)難燃材料とは、防火材料のうち不燃性能(燃えにくさ)がもっとも低いものをいう。建築基準法施行令(政令)が定義している。



関連コンテンツ



「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の性能②耐火性」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の性能②耐火性」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー