[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など: 不動産登記の基礎・基本

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

不動産登記の基礎・基本

「不動産登記の基礎・基本」カテゴリのコンテンツ

不動産登記の基礎・基本」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 9 ページあります。

  1. 不動産登記法上の用語の定義―不動産登記簿

    不動産登記簿とは 不動産登記簿の定義・意味・意義 不動産登記簿とは、不動産について、その物理的状況(→不動産の表示)と権利関係に関する登記事項(不動産登記法により登記記録として登記すべき事項...
  2. 不動産登記法上の用語の定義―不動産の表示

    不動産の表示とは 不動産の表示の定義・意味・意義 不動産の表示とは、登記事項の一つとして、不動産(物件の土地・建物自体)の物理的状況に関する情報をいいます。 不動産登記法(定義) 第二条 この法律にお...
  3. 不動産登記法上の用語の定義―不動産の表示―内容―不動産番号

    不動産番号とは 不動産番号の定義・意味・意義 不動産番号とは、不動産の表示の一つとして、不動産を特定(「識別」)するための13桁の数字をいいます。 法律上の定義では、不動産を識別するために必要な事項(...
  4. 不動産登記法上の用語の定義―不動産の表示―書き方

    不動産の表示の具体的な書き方・記入例・記載例 はじめに 不動産の表示とは、登記事項の一種として、不動産(物件の土地・建物自体)の物理的状況に関する情報をいいます。 登記申請を行う場合には、不動産を特定...
  5. 不動産登記法上の用語の定義―表示に関する登記

    表示に関する登記とは 表示に関する登記の定義・意味・意義 表示に関する登記とは、不動産の物理的状況、すなわち、不動産の表示に関する登記をいいます。 不動産登記法(定義) 第二条 この法律において、次の...
  6. 不動産登記法上の用語の定義―権利に関する登記

    権利に関する登記とは 権利に関する登記の定義・意味・意義 権利に関する登記とは、不動産の権利関係、具体的には、次の権利に関する登記をいいます。 所有権 地上権 永小作権 地役権 先取特権 質権 抵当権...
  7. 不動産登記法上の用語の定義―登記名義人

    登記名義人とは 登記名義人の定義・意味・意義 登記名義人とは、登記記録(不動産登記簿)の権利部に、次の権利について、権利者として記録されている者をいいます。 所有権 地上権 永小作権 地役権 先取特権...
  8. 不動産登記法上の用語の定義―登記権利者

    登記権利者とは 登記権利者の定義・意味・意義 登記権利者とは、権利に関する登記をすることにより、登記上、直接に利益を受ける者をいいます。 不動産登記法(定義) 第二条 この法律において、次の各号に掲げ...
  9. 不動産登記法上の用語の定義―登記義務者

    登記義務者とは 登記義務者の定義・意味・意義 登記義務者とは、権利に関する登記をすることにより、登記上、直接に不利益を受ける登記名義人をいいます。 不動産登記法(定義) 第二条 この法律において、次の...


関連コンテンツ

「不動産登記の基礎・基本」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「不動産登記の基礎・基本」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー