WEBNOTE -

[社会]手続き・申請・届出・その他事務手順・内容証明郵便など法律・政治・社会・日本

各種事務や申請の仕方・方法・手順、届け出、行政手続など、日常生活やビジネスの便覧・ハンドブックとしてご利用ください。 内容証明では、クーリングオフ・債権回収(売掛金回収)・過払い金(利息)返還請求・敷金返還請請求・相続・遺言など事例毎の書き方・書式・文例(解説付)・見本・雛型(雛形 ひな型 ひな形 ひながた)・モデル・サンプル集があります。

住民票―手続―住民票の取り方・取得方法

住民票の写しを交付(発行)してもらうには(方法・仕方・手続き・手順)

概要・概略・あらまし

住民基本台帳ネットワークシステム(いわゆる「住基ネット」)により、全のどこからでも(つまり、住民票の登録をしている市区町村以外でも)、住民票の写しを交付してもらうことができます。

ただし、住民基本台帳ネットワークシステムに参加していない市区町村では交付請求はできません。

住民基本台帳ネットワークシステムとは、全の地方公共団体共同間の住民票のネットワーク化を図り、4つの情報(名、生年月日、性別、住所)と住民票コードなどにより、全共通で本人確認を可能とするシステムのことです。

 

住民票の登録をしている市区町村で交付請求する場合

申請の方法

住民票の写しの交付請求をするには、次の3つの方法があります。

  1. 窓口申請…窓口に出向いて申請する
  2. 郵送申請…郵送で申請し、住民票を取り寄せる
  3. 電子申請

ただし、市区町村によっては、電子申請を利用できなかったり、申請に必要な書類など、以下に述べる具体的な手続きが異なってくる場合もあります。正確には、各市区町村の窓口にお問い合わせください。

 

申請人

本人・同一世帯者またはその代理人、第三者(誰でも)

 

必要書類

 

住民票の登録をしている市区町村以外で交付請求する場合(広域交付)

申請人

本人・同一世帯者のみです。

代理人による申請も認められていません。

 

必要書類

 

その他注意事項

戸籍の表示はされません。

 

注意点・ポイント

番地の書き方など住民票における正確な住所の記載を知りたいだけの場合

住民票は必要ないが、住民票に記載された正確な住所(番地の書き方など)を知りたいだけの場合は、運転免許証などの本人確認書類を持参して、市民課などの市区町村の窓口に行けば、教えてもらうことができます。

正確には、各市区町村の窓口にお問い合わせください。

 


| 住民票 |

現在のカテゴリ:住民票

 住民票】カテゴリ内のページの一覧

  1. 住民票
  2. 住民票―記載事項―世帯主
  3. 住民票―記載事項―戸籍―本籍
  4. 住民票―記載事項―住民票コード
  5. 住民票―情報公開(交付請求)①―住民票の写し
  6. 住民票―情報公開(交付請求)②―住民票記載事項証明書
  7. 住民票―手続―住民票の取り方・取得方法
  8. 住民票―手続―住所変更(住民票の移動・変更・移し方)
  9. 住民票―手続―住所変更(住民票の移し方・変更・移動)―同一市区町村内の場合―転居届
  10. 住民票―手続―住所変更(住民票の移し方・変更・移動)―他の市区町村の場合―住基カードを保有していない場合―①転出届
  11. 住民票―手続―住所変更(住民票の移し方・変更・移動)―他の市区町村の場合―住基カードを保有していない場合―①転出届―転出証明書
  12. 住民票―手続―住所変更(住民票の移し方・変更・移動)―他の市区町村の場合―住基カードを保有していない場合―②転入届
  13. 住民票―手続―住所変更(住民票の移し方・変更・移動)―他の市区町村の場合―住基カードを保有している場合―転入転出手続の特例
  14. 住民票―手続―住所変更(住民票の移し方・変更・移動)―他の市区町村の場合―住基カードを保有している場合―転入転出手続の特例―住民基本台帳カードによる転出届
  15. 住民票―手続―住所変更(住民票の移し方・変更・移動)―他の市区町村の場合―住基カードを保有している場合―転入転出手続の特例―住民基本台帳カードによる転入届
  16. 住民票―手続―世帯変更届
  17. 住民基本台帳

 住民票】の前後のカテゴリ

プリバシーポリシーサイトマップ