事業計画書の書き方 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


事業計画書の書き方


事業計画書の書き方・記入例・作成方法・手引き

概要・概略・全体像

事業計画書にはこう書かなければならないという書式・様式はありません。

ただし、融資を受けるために作成する事業計画書では、最低限、次のような内容を備えている必要があるでしょう。

  1. 企画提案書的な内容…事業の目的・理念や事業の詳細などの項目により文章で事業を説明する部分
  2. 資金調達計画…必要な融資額を示す部分
  3. 販売計画・売上計画・仕入計画・経費計画…返済計画の根拠を数字で説明する部分
  4. 返済計画(収支・損益計画)

書き方のポイント・注意点

融資を受けるために作成する事業計画書で一番大切・肝心なことは、結局、利益を出してきちんと返済し続けていけることを示すという点に尽きます。

そのためには、事業のコンセプトなどの概念に振り回されず(→1.企画提案書的な内容)、無理のない現実的な計画を作成する必要があります。

具体的には、

  • 事業に必要な資金の計画表である資金調達計画書で必要な融資額を示したうえ(→2.資金調達計画)
  • 販売計画・売上計画・仕入計画・経費計画などで現実的な数字を積み上げてどれだけの利益を出せるのかの根拠を提示し(→3.販売計画・仕入計画・売上計画・経費計画)
  • それにもとづいた返済計画をたてる(→4.返済計画(収支・損益計画))ことで

事業を継続して、きちんと毎月返済していけることを示すわけです。

記入項目・事項



| 現在のカテゴリ:事業計画書・創業計画書 |

現在のカテゴリ:事業計画書・創業計画書

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「事業計画書・創業計画書」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 事業計画書とは
  2. 事業計画書の趣旨・目的・機能・役割
  3. 事業計画書の書き方



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:事業計画書・創業計画書 の位置づけ

現在のカテゴリ:「事業計画書・創業計画書」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー