期限の利益 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

期限の利益



期限の利益とは

期限の利益の定義・意味など

期限の利益(きげんのりえき)とは、期限が付されていることにより当事者が受ける利益をいう。

期限の利益の目的・役割・意義・機能・作用など

たとえば、お金を返済するまでの期限が付されているということは、債務者にはその期限まではお金を返済しなくてもよいという利益がある(返済が猶予されているということ)ことになる。

また、債権者にとっても、金利を取得できるという利益がある(金利をすべて取得するには逆に期限に返済されると困るということ)。

期限の利益に関する民法の規定

民法では、期限の利益は債務者のために存在するという推定規定を置いている。

民法
(期限の利益及びその放棄)
第百三十六条  期限は、債務者の利益のために定めたものと推定する。



| 現在のカテゴリ:期限 |

現在のカテゴリ:期限

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「期限」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 期限の利益


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:期限 の位置づけ

現在のカテゴリ:「期限」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー