通風性(通気性)―建築設備―24時間換気システム―換気方式―第1種換気 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


通風性(通気性)―建築設備―24時間換気システム―換気方式―第1種換気


第1種換気とは

第1種換気の定義・意味など

第1種換気とは、24時間換気システムのうち、給気も排気も機械で強制的に行う換気方式をいう。

第1種換気の位置づけ・体系(上位概念等)

24時間換気システムの換気方式

24時間換気システムの換気方式には次の3つの種類がある。

  1. 第1種換気…給気も排気も機械で強制的に行う
  2. 第2種換気…給気のみを機械で強制的に行う
  3. 第3種換気…排気のみを機械で強制的に行う

第1種換気のメリットとデメリット

上記3つの24時間換気システムの換気方式のうち、実際に住宅で使用されているのは、第1種換気と第3種換気である。
性能として第1種換気のほうが優れるが、コスト(イニシャルコスト・ランニングコスト)が高い。

そのため一般住宅では第3種換気が一般的である。

なお、パナソニックのサイトなどでは第1種換気の採用が推奨されている。

24時間換気システム 戸建住宅用 | Panasonic http://panasonic.jp/kanki/24h/

第1種換気のメリット
安定した確実な換気

第1種換気は換気方式のなかでもっとも安定した確実な換気が可能で、かつ、空気の流れも制御しやすい。

結露対策

強制的に排気を行うので結露の発生も抑えられる。

熱交換器

第1種換気のみが熱交換器を使用することができる。

第1種換気のデメリット
イニシャルコスト・ランニングコスト

給気も排気もすべて機械を使って行うので、他の換気方式と比較すると、一般的にはイニシャルコストと電気代等のランニングコストが高くなる。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 4 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の性能⑥空気環境(通風性)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 通風性(通気性)
  2. 通風性(通気性)―建築設備―24時間換気システム
  3. 通風性(通気性)―建築設備―24時間換気システム―換気方式―第1種換気
  4. 通風性(通気性)―建築設備―24時間換気システム―換気方式―第3種換気



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の性能⑥空気環境(通風性)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー