[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など: 基礎・基本

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。



基礎・基本

「基礎・基本」カテゴリのコンテンツ

基礎・基本」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 5 ページあります。

  1. 賃貸借

    賃貸借とは 賃貸借の定義・意味・意義 賃貸借(ちんたいしゃく)とは、当事者の一方(賃貸人)が相手方(賃借人)に対してある物の使用収益させることを約し、相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約する契...
  2. 賃貸借―存続期間―原則

    賃貸借の存続期間 民法上、所有権に対する長期間の債権的拘束は望ましくないとの趣旨から、賃貸借の最長期間が制限されている。 ただし、この民法上の賃貸借の存続期間に関する規定は、借地借家法や農地法などの特...
  3. 賃貸借―存続期間―特別法による修正―借地借家法

    借地借家法上の賃貸借の存続期間 借地借家法の適用を受ける賃貸借の存続期間については同法の定めるところによるものとして、民法上の賃貸借の存続期間に関する規定は、特別法である借地借家法により大幅な修正を受...
  4. 賃貸借―存続期間―特別法による修正―借地借家法―借家権の存続期間

    借家権の存続期間 借家権(つまり、建物の賃借権)については、借地借家法により、民法上の賃貸借の存続期間に関する規定が大幅な修正を受けている。 なお、借地借家法では条文の文言上「借家権」という用語は使用...
  5. 賃貸借―存続期間―特別法による修正―借地借家法―借家権の存続期間―定期借家権の存続期間(定期建物賃貸借の存続期間)

    定期借家権の存続期間 一般に(民法上では)賃貸借の存続期間の最短期間については制限はない(規定されていない)が、最長期間については20年までに制限されている。 ただし、期間の定めがある借家権(建物賃借...



関連コンテンツ



「基礎・基本」の位置づけ

現在のカテゴリ:「基礎・基本」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー