賃貸借 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


賃貸借


賃貸借とは

賃貸借の定義・意味・意義

賃貸借(ちんたいしゃく)とは、当事者の一方(賃貸人)が相手方(賃借人)に対してある物の使用収益させることを約し、相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約する契約をいう。

民法
(賃貸借)
第六百一条  賃貸借は、当事者の一方がある物の使用及び収益を相手方にさせることを約し、相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

賃貸借の位置づけ・体系(上位概念)

典型契約

民法上、賃貸借は典型契約のひとつとされている。

なお、民法では次の13の典型契約を規定している。

  1. 贈与・売買・交換
    1. 贈与
    2. 売買
    3. 交換
  2. 消費貸借・使用貸借・賃貸借
    1. 消費貸借
    2. 使用貸借
    3. 賃貸借
  3. 雇用・請負委任
    1. 雇用
    2. 請負
    3. 委任
  4. 寄託・組合・終身定期金・和解
    1. 寄託
    2. 組合
    3. 終身定期金
    4. 和解



| 現在のカテゴリ:基礎・基本 |

現在のカテゴリ:基礎・基本

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「基礎・基本」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 賃貸借
  2. 賃貸借―存続期間―原則
  3. 賃貸借―存続期間―特別法による修正―借地借家法
  4. 賃貸借―存続期間―特別法による修正―借地借家法―借家権の存続期間
  5. 賃貸借―存続期間―特別法による修正―借地借家法―借家権の存続期間―定期借家権の存続期間(定期建物賃貸借の存続期間)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:基礎・基本 の位置づけ

現在のカテゴリ:「基礎・基本」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー