[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など: 住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の性能⑨バリアフリー性

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。



住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の性能⑨バリアフリー性

「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の性能⑨バリアフリー性」カテゴリのコンテンツ

住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の性能⑨バリアフリー性」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 1 ページあります。

  1. バリアフリー性

    バリアフリーとは、障壁(バリア)を取り除く(フリー)という意味で、高齢者や障害者が使いやすいように配慮することをいう。住宅性能表示制度では、「高齢者や障害者への配慮」を住宅の性能のひとつにして、移動時の安全性の確保と介助のしやすさを評価の対象にしている。住宅のバリアフリー性を高める方法としては①段差をなくす②手すりを付ける③玄関等車椅子で移動できるようにゆったりとした幅を確保しておく、などがある。



関連コンテンツ


「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の性能⑨バリアフリー性」の位置づけ

現在のカテゴリ:「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の性能⑨バリアフリー性」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー