[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など: 住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―建築設備

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。



住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―建築設備

「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―建築設備」カテゴリのコンテンツ

住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―建築設備」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 6 ページあります。

  1. 建築設備

    建築設備とは、人が生活を営むうえで必要になるさまざまな機能を果たすために、住宅などの建築物に一体化されて(作り付けられて・設備化されて)機能する機器・装置をいう。
  2. 建築設備―照明

    照明とは、電灯などで照らして明るくすること(光を空間に供給すること)をいう。直接照明と間接照明の2つの方式がある。
  3. 建築設備―照明―間接照明

    間接照明とは、光源を見せずに、光源からの光を天井・壁などに反射させ、その間接光を利用する照明の方式をいう。光源は見せずに、天井や壁などを照らすことが間接照明の基本的な方法である。効率は悪くなるが、雰囲気のある照明にできる。
  4. 建築設備―電気設備(電気工作物)

    電気設備とは、電気機械器具に電気を供給したり、通信するための設備をいう。住宅の電気設備にはコンセントやスイッチのほかテレビ端子・LAN端子などがある。
  5. 建築設備―電気設備―コンセント

    コンセントとは、電気機械器具のコードを配線に接続するため、壁などに設けるプラグの差し込み口をいう。使用する電気機械器具は増え続けるので、コンセントの数は将来を見越して多めに計画しておくべきである。
  6. 建築設備―電気設備―スイッチ

    スイッチには、さまざまな種類があるので、上手に使い分けると、利便性・快適性が向上する。



関連コンテンツ



「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―建築設備」の位置づけ

現在のカテゴリ:「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―建築設備」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー