所有権留保とは - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。



所有権留保とは

所有権留保とは

所有権留保の定義・意味・意義

所有権留保とは、売買代金債権を担保するために、売買の目的物の所有権を買主に移転せず、売主に留保することをいいます。

所有権留保の根拠法令・条文

所有権留保は、民法が定めていない物的担保、つまり、非典型担保です。

民法が定めていない物的担保を非典型担保といいます。

判例によって認められた担保物権です。

所有権留保の位置づけ

所有権留保は非典型担保ですが、非典型担保には、次のようなものがあります。

所有権留保と譲渡担保との違い

所有権留保は、債権者が被担保債権を担保するために所有権を有する点で、譲渡担保と共通します。

しかし、譲渡担保は、債権者が担保のために所有権を取得するのに対して、所有権留保は、債権者が担保のために所有権を留保する点で異なります。

譲渡担保の機能・役割

所有権留保は、売買代金をすべて支払う目的物を引き渡す割賦販売でよく利用されています。



| 現在のカテゴリ:所有権留保 |

現在のカテゴリ:所有権留保

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「所有権留保」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 所有権留保とは

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:所有権留保 の位置づけ

現在のカテゴリ:「所有権留保」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー