[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など: 要員管理―採用

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。



要員管理―採用

「要員管理―採用」カテゴリのコンテンツ

要員管理―採用」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 8 ページあります。

  1. 社員・従業員を採用した(雇った)場合の手続き

    社員・従業員を採用した(雇った)場合の手続きの具体的手順・方法・仕方 会社等が社員・従業員を採用した場合、さまざまな手続きや届出をする必要があります。 これは内部的な手続きと、外部的な手続き・届出とに...
  2. 社員・従業員を採用した(雇った)場合の手続き―内部的な手続き―労働条件通知書

    労働条件通知書とは 労働条件通知書の定義・意味・意義 会社・個人事業主は、社員を採用した場合、社員に対して、労働条件を明示しなければなりません。さらに、一定の事項については書面で明示しなければなりませ...
  3. 社員・従業員を採用した(雇った)場合の手続き―内部的な手続き―法定帳簿(法定三帳簿)

    法定帳簿とは 法定帳簿の定義・意味・意義 法定帳簿とは、法律上(労働基準法)、作成することが義務づけられている、次の3つの給与関係の帳簿をいいます。 労働者名簿賃金台帳出勤簿(またはタイムカード) 法...
  4. 社員・従業員を採用した(雇った)場合の手続き―内部的な手続き―法定帳簿―労働者名簿

    労働者名簿とは、労働基準法第107条により、作成することが義務づけられている法定帳簿をいいます。労働者名簿は、労働基準法と労働基準法施行規則により、その記載事項が法定されています。ただし、労働者名簿の様式は、特に法定されていません。
  5. 社員・従業員を採用した(雇った)場合の手続き―内部的な手続き―法定帳簿―賃金台帳

    賃金台帳とは、労働基準法第108条により、作成することが義務づけられている法定帳簿をいいます。なお、法定帳簿とは、法律上(労働基準法)、作成することが義務づけられている給与関係の書類をいい、賃金台帳のほか、労働者名簿と出勤簿(またはタイムカード)があります。賃金台帳の様式は特に法定されていませんが、その記載事項については労働基準法等により、法定されています。
  6. 社員・従業員を採用した(雇った)場合の手続き―内部的な手続き―法定帳簿―出勤簿

    出勤簿とは 出勤簿の定義・意味・意義 出勤簿とは、労働者(従業員)の労働日数、労働時間数、時間外労働などを把握するために、労働者の労働日ごとの始業・ 終業時刻を確認し、これを記録する法定帳簿をいいます...
  7. 社員・従業員を採用した(雇った)場合の手続き―内部的な手続き―雇入時の健康診断

    (複製)雇入時の健康診断とは 雇入時の健康診断の定義・意味・意義 雇入時の健康診断とは、法律で、事業主が常時使用する労働者を雇い入れる場合に実施することが義務づけられている一般健康診断をいう。 雇入時の健康診...
  8. 社員・従業員を採用した(雇った)場合の手続き―外部的な手続き―社会保険加入

    (複製)被保険者資格取得届とは、社会保険(健康保険・介護保険・厚生年金)の適用事業所が新たに社員・従業員を採用等した場合に、資格取得時決定のために、報酬月額等を年金事務所に届け出る手続きをいい、正式名称は「健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届」である。被保険者資格取得届により、社員等は社会保険の被保険者となり健康保険証が交付されるとともに、社会保険料の算出に必要な標準報酬月額が決定され、この決定された標準報酬月額が原則として次の定時決定まで適用されることになる。



関連コンテンツ



「要員管理―採用」の位置づけ

現在のカテゴリ:「要員管理―採用」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー