[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など: 労働基準法―労働時間―時間外労働

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。



労働基準法―労働時間―時間外労働

「労働基準法―労働時間―時間外労働」カテゴリのコンテンツ

労働基準法―労働時間―時間外労働」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 4 ページあります。

  1. 労働基準法―時間外労働(残業・超過勤務・超勤)

    時間外労働とは、労働基準法上は、法定労働時間を超えて行われる労働をいう。ただし、通常は、所定労働時間を超えて行われる労働をいう。一般的には、残業、超過勤務、超勤などと呼ばれている。時間外労働に対しては、通常の賃金の25%以上の所定の割増賃金を支払わなければならない。
  2. 労働基準法―時間外労働―法定時間外労働―時間外・休日労働に関する協定(36協定・三六協定)

    36協定とは、労働基準法第36条で定める、使用者と労働組合(労働組合がない場合は労働者の代表者)間の書面による時間外労働と休日労働に関する労使協定で、これを行政官庁に届け出た場合は、時間外労働と休日労働をさせることができるものをいう。1日8時間、1週間40時間以内という労働時間の最低基準制の例外的制度である。
  3. 労働基準法―時間外労働―法定時間外労働―時間外・休日労働に関する協定(36協定・三六協定)―内容(協定事項)

    36協定で協定すべき事項については労働基準法施行規則により規定されている。
  4. 労働基準法―時間外労働―法定時間外労働―時間外・休日労働に関する協定(36協定・三六協定)―内容(協定事項)―労働時間の延長の限度

    36協定による労働時間の延長の限度 36協定では、1日または一定期間(3カ月以内または1年間)について「延長することができる時間」(つまり、労働時間の延長)について協定することが必要である(→36協定...



関連コンテンツ



「労働基準法―労働時間―時間外労働」の位置づけ

現在のカテゴリ:「労働基準法―労働時間―時間外労働」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー