一人会社とは - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


一人会社とは


(" その他―一人会社 "から複製)

一人会社とは

一人会社の定義・意味・意義

一人会社とは、社員が一人である会社をいう。

なお、会社とは、講学上、「営利を目的とする社団法人」と定義される。

したがって、本来、一人会社というのは言葉の矛盾で、述するように、旧商法代には、「一人会社の可否」という有名な論点があった。

社団とは、「一定目的のために結合した人の集団」と定義される。

一人会社の趣旨・目的・機能・役割

一人会社は、実質的には個人企業(個人事業主)であるが、たとえば、次のような目的で利用される。

  • 本来は無限責任である個人企業の責任を有限責任に限定するための手段
  • 節税対策の手段
  • 会社が子会社株式を全部所有してこれを支配するなど企業支配の手段

一人会社の可否

旧商法

旧商法では、合名会社と合資会社については、社員が1人となった場合は解散すると規定されていたことから、一人会社は認められていなかった。

ただし、株式会社については、一人会社の可否という有名な論点があった。

この点、明文の規定はないものの、株式会社については、株主が1人となったことが解散原因とされていなかったので、一人会社が認められるものと解されていた。

会社

会社法では、すべての会社形態につき、一人会社が認められている。



| 現在のカテゴリ:一人会社 |

現在のカテゴリ:一人会社

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「一人会社」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 一人会社とは
  2. 一人会社―問題点・疑問点・課題等―持分会社―会社法の利益相反取引の制限の規定の適用


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:一人会社 の位置づけ

現在のカテゴリ:「一人会社」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー