条約―国連海洋法条約(海洋法に関する国際連合条約) - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

条約―国連海洋法条約(海洋法に関する国際連合条約)



国連海洋法条約とは 【United Nations Convention on the Law of the Sea

国連海洋法条約の定義・意味・意義

国連海洋法条約とは、1982年(昭和57年)に第3回連海洋法会議で採択された海洋の利用に関する条約をいいます。

国連海洋法条約の正式名称

海洋法に関する国際連合条約

国連海洋法条約は通称で、正式名称は『海洋法に関する国際連合条約』といいます。

国連海洋法条約の趣旨・目的・役割・機能

国連海洋法条約は、12海里の領海、200海里の排他的経済水域を定めるなど、伝統的な海洋秩序を根本的に変えるものでした。

国連海洋法条約の経緯・沿革・歴史など

国連海洋法条約は、1994年(平成6年)11月に発効し、日本は1996年(平成8年)に条約を批准しました。



| 現在のカテゴリ:国際法―条約 |

現在のカテゴリ:国際法―条約

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 4 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「国際法―条約」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 条約
  2. 条約―核拡散防止条約(NPT)
  3. 条約―核兵器不拡散条約(NPT)―核兵器国
  4. 条約―国連海洋法条約(海洋法に関する国際連合条約)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:国際法―条約 の位置づけ

現在のカテゴリ:「国際法―条約」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー