[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など: 高齢者などの保護

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。



高齢者などの保護

「高齢者などの保護」カテゴリのコンテンツ

高齢者などの保護」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 6 ページあります。

  1. 成年後見制度とは

    成年後見制度とは 成年後見制度の定義・意味 成年後見制度とは、認知症などによる痴呆性高齢者、知的障害者、精神障害者など、高齢や病気が原因で判断力が不十分な人を対象として、これを保護して支援する制度をい...
  2. 成年後見制度の種類―法定後見制度とは

    法定後見制度とは 法定後見制度の定義・意味・意義 法定後見制度とは、成年後見制度のうち、民法で定められた制度をいいます。 法定後見制度では、すでに本人の判断能力の低下が進んでいる場合、親族らの申し立て...
  3. 成年後見制度の種類―法定後見を利用するには

    成年後見制度を利用するための方法・仕方・手続き・手順 概要・全体像 認知症、知的障害、精神障害など高齢や病気により判断能力が不十分な人(本人)を保護するために、成年後見制度がありますが、この制度を利用...
  4. 成年後見制度の種類―任意後見制度とは

    任意後見制度とは 任意後見制度の定義・意味 任意後見制度とは、民法上の法定後見制度のように、後見人を選任してもらうのではなく、本人がその判断能力が十分なうちに、あらかじめ任意後見人と契約して(これを任...
  5. 成年後見制度の種類―任意後見制度の内容・概要

    任意後見制度の内容・概要契約自由の原則任意後見制度とは、自分の判断能力が十分なうちに、信頼できる人と、任意後見契約を公正証書で締結することで、将来に備えるための制度です。つまり、契約による後見のことで...
  6. 成年後見制度の種類―任意後見制度を利用するには

    任意後見制度を利用するための方法・仕方・手続き・手順 任意後見制度を利用するには、以下の流れで手続きを進めていきます。 1.任意後見契約の締結 任意後見受任者(任意後見人になってくれる人)を選びます ...



関連コンテンツ



「高齢者などの保護」の位置づけ

現在のカテゴリ:「高齢者などの保護」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー