暦注 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


暦注


暦注とは

暦注の定義・意味・意義

暦注(れきちゅう)とは、暦に記載される事項をいう。

暦注の分類・種類(具体例)

暦注は暦の上段・中段・下段に記載されるものに分類できる。

それぞれにおいて、以下のような事項を記載するのが慣例である。

暦の上段に記載されるもの

暦の上段には、日付・曜日・二十四節気などの天文学的・科学的な(科学的な検証を経た)事項や年中行事が記載される。

  • 天文学的・科学的な事項
  • 年中行事

暦の中段に記載されるもの

暦の中段には、十二直(じゅうにちょく)が記載される。

  • 十二直

暦の下段に記載されるもの

暦の下段には、運勢・吉凶などの迷信的・非科学的な事項が記載される。

  • 雑節(ざっせつ)
  • 六曜(ろくよう)
  • 九星(きゅうせい)



| 現在のカテゴリ:暦―暦注 |

現在のカテゴリ:暦―暦注

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「暦―暦注」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 暦注


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:暦―暦注 の位置づけ

現在のカテゴリ:「暦―暦注」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー