住所―表記―地番 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


住所―表記―地番


地番とは

地番の定義・意味など

地番(ちばん)とは、不動産登記法上、登記簿に登録するために一筆の土地ごとに付けた番号をいう。

不動産登記
(定義)
第二条  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

十七  地番 第三十五条の規定により一筆の土地ごとに付す番号をいう。

地番の目的・役割・意義・機能・作用など

不動産登記

地番は不動産登記で用いられる。

なお、「住居表示に関する法律」による住居表示が実施されている「区域」では、住所住居表示(◯番◯号)で表記されるが、住居表示は地番とは異なるため、住居表示では(地番がわからなければ)登記事項証明書を取得することはできない。

ただし、地番は住居表示実施住所と一致する場合が多いため、旧住所を調べれば地番を明らかにすることができることもある

地番 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/地番

住所の表記

住居表示が実施されていない「区域」では、地番は住所の表記にも用いられる。

ただし、地番では住所を特定することはできない。

地番の表示

地番は「◯番」という形式で表示される。

枝番がある場合は枝番をろに付けて「◯番◯」と表示する。

また、述したように住居表示が実施されていない「区域」では、地番は住所の表記にも用いられるが、この場合住所を表していることを示すために「◯番地(枝番がある場合は「◯番地◯」)」と表示する。

なお、旧来は番地と枝番の間に「の」を入れて「◯番地の◯」と表示していた。

以上、地番 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/地番 を参考



| 現在のカテゴリ:社会―基本手続き―住所 |

現在のカテゴリ:社会―基本手続き―住所

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「社会―基本手続き―住所」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 住所
  2. 住所―表記―住居表示
  3. 住所―表記―住居表示―方法―街区方式
  4. 住所―表記―住居表示―手続―申請
  5. 住所―表記―地番



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:社会―基本手続き―住所 の位置づけ

現在のカテゴリ:「社会―基本手続き―住所」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー