[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など: 登記の基礎・基本

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。



登記の基礎・基本

「登記の基礎・基本」カテゴリのコンテンツ

登記の基礎・基本」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 8 ページあります。

  1. 登記

    登記とは 登記の定義・意味・意義 登記とは、権利や事実の存在を社会に公示するために、登記事項(法律で定められた一定の登記すべき事項)を、法務局(登記所)に備えられた登記簿に記載することをいいます。  ...
  2. 登記―原則―当事者申請主義

    当事者申請主義とは 当事者申請主義の定義・意味・意義 取引の安全を図るため、さまざまな登記制度が設けられています。 登記とは、登記事項(法律で定められた一定の登記すべき事項)を、法務局(登記所)に備え...
  3. 登記―分類―変更の登記

    変更の登記とは 変更の登記の定義・意味・意義 変更の登記とは、各登記制度において、その登記事項に変更があった場合に、当該登記事項を変更するための登記をいいます。   商業登記法における「変更の登記」 ...
  4. 登記―登記事項(登記すべき事項)

    登記事項とは 登記事項の定義・意味・意義 登記事項とは、登記制度において、会社法などの実体法や不動産登記法・商業登記法などの手続法など法律の規定により、登記簿に登記すべき事項として定められたものをいい...
  5. 登記―登記事項―絶対的登記事項

    絶対的登記事項とは 絶対的登記事項の定義・意味・意義 絶対的登記事項(ぜったいてきとうきじこう)とは、登記事項のうち、必ず登記しなければならないものをいう。 絶対的登記事項の具体例 登記事項のうち、何...
  6. 登記―登記事項―相対的登記事項

    相対的登記事項とは 相対的登記事項の定義・意味・意義 相対的登記事項(そうたいてきとうきじこう)とは、登記事項のうち、登記をするかどうかが当事者の任意とされていて、登記期間が定められていないものをいう...
  7. 登記所

    登記所とは 登記所の定義・意味・意義 登記所とは、登記の事務をつかさどる法務局や地方法務局、またはこれらの支局や出張所をいいます。 電子政府、オンライン申請の推進にともない、登記所の統廃合は確実に進ん...
  8. 登記簿

    登記簿とは 登記簿の定義・意味・意義 登記簿とは、登記事項(商業登記法や不動産登記法など法律に定められた一定の登記すべき事項)が記録される、法務局(登記所)などに備え付けられた公けの帳簿(公簿)をいい...



関連コンテンツ



「登記の基礎・基本」の位置づけ

現在のカテゴリ:「登記の基礎・基本」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー