登記―登記事項―絶対的登記事項 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


登記―登記事項―絶対的登記事項


絶対的登記事項とは

絶対的登記事項の定義・意味・意義

絶対的登記事項(ぜったいてきとうきじこう)とは、登記事項のうち、必ず登記しなければならないものをいう。

絶対的登記事項の具体例

登記事項のうち、何が絶対的登記事項かは、商業登記、不動産登記など登記の種類により異なる。

それぞれ個別法(たとえば、商業登記であれば、会社法や商業登記規則)により規定されている。

絶対的登記事項の位置づけ・体系(上位概念)

登記事項

一般に登記事項は、必ず登記しなければならない絶対的登記事項と登記をするかどうかが当事者の任意とされている相対的登記事項に大別される。

  1. 絶対的登記事項
  2. 相対的登記事項



| 現在のカテゴリ:登記の基礎・基本 |

現在のカテゴリ:登記の基礎・基本

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 8 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「登記の基礎・基本」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 登記
  2. 登記―原則―当事者申請主義
  3. 登記―分類―変更の登記
  4. 登記―登記事項(登記すべき事項)
  5. 登記―登記事項―絶対的登記事項
  6. 登記―登記事項―相対的登記事項
  7. 登記所
  8. 登記簿



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:登記の基礎・基本 の位置づけ

現在のカテゴリ:「登記の基礎・基本」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー