内閣―過程―成立―②組閣 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


内閣―過程―成立―②組閣


組閣とは

組閣の定義・意味・意義

組閣とは、狭義では、会の議決により内閣総理大臣の指名を受けた者(内閣総理大臣就任予定者)が内閣を組織することをいいます。

内閣を組織する」とは、具体的には、官邸(総理官邸首相官邸)において内閣の構成員たる国務大臣を選考する、ということです。

広義では、内閣改造内閣総理大臣が新たに内閣を組織することも含みます。

組閣の位置づけ・体系

内閣の成立手続きのひとつ

組閣(狭義)は内閣の成立の手続きのひとつです。

内閣が成立する手続きの大きな流れは以下のとおりです。

  1. 内閣総理大臣の指名
  2. 組閣
  3. 親任式・認証式



| 現在のカテゴリ:組織―内閣 |

現在のカテゴリ:組織―内閣

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 10 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「組織―内閣」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 内閣
  2. 内閣―過程―成立
  3. 内閣―過程―成立―①内閣総理大臣の指名
  4. 内閣―過程―成立―②組閣
  5. 内閣―過程―内閣改造
  6. 内閣―過程―内閣改造―手続き
  7. 内閣―過程―内閣総辞職
  8. 内閣―意思決定―閣議
  9. 内閣―特色―政党内閣
  10. 内閣―指標―内閣支持率



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:組織―内閣 の位置づけ

現在のカテゴリ:「組織―内閣」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー