内閣―過程―成立―①内閣総理大臣の指名 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


内閣―過程―成立―①内閣総理大臣の指名


内閣総理大臣の指名とは

内閣総理大臣の指名の定義・意味・意義

内閣総理大臣の指名とは、会が会議員の中から内閣総理大臣を指名することをいいます。

内閣総理大臣の指名制度の位置づけ・体系

内閣の成立手続きのひとつ

内閣の成立手続きの第一歩としてまず内閣総理大臣の指名が行われます。

内閣総理大臣の指名の方法―会の議決

内閣総理大臣の指名は、会議員の中から会の議決(投票)で行われます。

多くの場合内閣総理大臣は議会の多数党(→与党)の党首がなります。

日本憲法
第六十七条 内閣総理大臣は、会議員の中から会の議決で、これを指名する。この指名は、他のすべての案件に先だつて、これを行ふ。

会の種類
常会(通常会)または特別会(特別会)

内閣総理大臣の指名が行われる会は、衆議院の任期満了の場合は常会(通常会)で、衆議院の解散の場合は特別会(特別会)で行われます。

議決の方法
投票

内閣総理大臣の指名の議決は単記記名投票で行われ、投票の過半数を得た者が指名された者となります。

なお、1回の投票で過半数を得た者がいないときは、上位2人の決選投票を行い、多数を得た者が指名された者となります。

衆議院の優越

内閣総理大臣の指名の議決は両議院(衆議院と参議院)で行います。

衆議院と参議院とが異なった指名の議決をした場合に、両院協議会を開き、そこにおいても意見が一致しないときまたは衆議院が指名の議決をした10日以内に参議院が指名の議決をしないときは、衆議院の議決が会の議決となります。

内閣総理大臣の指名制度の趣旨・目的・役割・機能

議院内閣

内閣総理大臣の指名制度は、議院内閣制の核心をなすもので、内閣と衆議院との緊密な結びつきを示しています。



| 現在のカテゴリ:組織―内閣 |

現在のカテゴリ:組織―内閣

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 10 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「組織―内閣」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 内閣
  2. 内閣―過程―成立
  3. 内閣―過程―成立―①内閣総理大臣の指名
  4. 内閣―過程―成立―②組閣
  5. 内閣―過程―内閣改造
  6. 内閣―過程―内閣改造―手続き
  7. 内閣―過程―内閣総辞職
  8. 内閣―意思決定―閣議
  9. 内閣―特色―政党内閣
  10. 内閣―指標―内閣支持率



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:組織―内閣 の位置づけ

現在のカテゴリ:「組織―内閣」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー