損害賠償の対象となる損害―財産的損害 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

損害賠償の対象となる損害―財産的損害



財産的損害とは

財産的損害の定義・意味・意義

財産的損害とは、法律上保護に値する利益(財産権や生命、身体、名誉などの人格的利益)の侵害によって生じた財産上の損害(不利益)のことで、精神的損害に対する概念です。

財産的損害の位置づけ・体系

私法の一般法である民法では、故意・過失で他人の法律上保護に値する利益を侵害した者は、これによって生じた損害(不利益)を賠償する責任がある、という不法行為法の制度を定めています。

この損害賠償の対象となる損害(不利益)は、次の2つに大別されます。

  • 財産的損害…財産上の不利益
  • 精神的損害…精神上の不利益

財産的損害の分類・種類

財産的損害は、さらに次の2つの種類に分類されます。

財産的損害の特色・特徴

損害賠償は金銭で行うのが原則です。

民法
(損害賠償の方法)
第四百十七条  損害賠償は、別段の意思表示がないときは、金銭をもってその額を定める。

積極的損害では、その金額は一定の基準で定められるのが特色です。

これに対して、精神的損害では、(最終的には)裁判官の自由裁量で決定されます。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「債権―総則―債務不履行―効果―損害賠償責任」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 損害賠償の対象となる損害―財産的損害
  2. 損害賠償の対象となる損害―財産的損害―積極的損害
  3. 損害賠償の対象となる損害―財産的損害―消極的損害
  4. 損害賠償の対象となる損害―財産的損害―消極的損害―逸失利益
  5. 損害賠償の対象となる損害―精神的損害
  6. 賠償額の予定
  7. 賠償額の予定―具体例―レンタルCD・DVDの延滞料金



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:債権―総則―債務不履行―効果―損害賠償責任 の位置づけ

現在のカテゴリ:「債権―総則―債務不履行―効果―損害賠償責任」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー