善管注意義務 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。



善管注意義務

善管注意義務とは

善管注意義務の定義・意味・意義

善管注意義務とは、その人自身の具体的能力に応じてではなく、その人が属する職業、社会的地位等に応じて、社会通念上一般的に期待される程度の抽象的な注意義務をいいます。

わかりやすくいえば、その道の平均的な専家を基準とした程度の注意義務、といった意味です。

善管注意義務の具体例

たとえば、民法では、弁護士や税理士などといった委任契約の受任者は、善管注意義務を負うと規定されています。

民法
(受任者の注意義務)
第六百四十四条
受任者は、委任の本旨に従い、善良な管理者の注意をもって、委任事務を処理する義務を負う。

善管注意義務の趣旨・目的・役割・機能

私法では、過失責任の原則という大原則があります。

つまり、過失なければ責任なしということなのですが、「善管注意義務に違反したこと」=「過失」とすることで、善管注意義務は過失責任を問うための概念装置となっています。

善管注意義務と関係・関連する概念

自己の財産におけると同一の注意義務



| 現在のカテゴリ:法律用語等 |

現在のカテゴリ:法律用語等

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「法律用語等」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 財団
  2. 社団
  3. 善管注意義務
  4. 任意規定(任意法規)
  5. 要式行為


関連コンテンツ

現在のカテゴリ:法律用語等 の位置づけ

現在のカテゴリ:「法律用語等」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー