会社―分類―合同会社 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


会社―分類―合同会社


(" 企業―分類―持分会社―合同会社 "から複製)

合同会社とは

合同会社の定義・意味・意義

合同会社とは、持分会社の一種ではあるが、有限責任社員だけから構成される営利法人会社企業)をいう。

合同会社の別名・別称など

合同会社は、アメリカの法人制度のひとつであるLLC(Limited Liability Company)をモデルとして導入された制度なので、日本版LLCとも呼ばれている。

合同会社の特色・特徴

合同会社の最大の特色は、持分会社として、その内部関係は民法上に組合に類似しながらも、有限責任の特権が認められているということである。

その他、合同会社の特色については、次のページを参照。

合同会社の特色・特徴

合同会社の趣旨・目的・機能・役割

社員の個性が強く反映する持分会社(人的会社

法律(商法・会社法)上、株式会社は大企業を想定して作られた会社形態であり、所有と経営の分離をその特色とする。

したがって、株式会社においては、その所有者である株主の利益を保護するため、さまざまな法的規制がかけられている。

しかし、現実には、株式会社の大半は中小企業であって、所有と経営が一致しているので、株主保護の必要性はない。

そのため、中小企業では、ただ各種の法的規制をクリアするためにだけ、実際は不要な手続きが、単に書類上行われたこととされている場合が多い。

たとえば、法律上必要とされている取締役の数を書類上(形だけ)そろえたり、実際には開催されていない株主総会取締役会議事録を作成する、などがその代表例である。

合同会社は、所有と経営が一致していることを提に、こうした日本の大多数の会社の実態に近づけた会社形態といえる。

有限責任

合同会社の位置づけ・体系

合同会社は営利法人会社企業)である。

営利法人会社企業)には、合同会社も含めて、次のような種類がある。

  1. 株式会社…物的会社
  2. 有限会社…物的会社
  3. 合名会社…人的会社・持分会社
  4. 合資会社…人的会社・持分会社
  5. 合同会社(LLC)…持分会社

会社法上、合名会社・合資会社・合同会社の3つが持分会社とされている。

なお、合名会社・合資会社は従来、人的会社とされていた企業形態である。

株式会社が物的会社の典型であり、合名会社が、社員の個性が強く反映する人的会社の典型である。

合同会社は、株式会社と合名会社・合資会社の中間的な性格をもつものとして位置づけられる。

合同会社の制定過程・経緯・沿革・歴史など

2006年(平成18年)の会社法で新たに規定

合同会社は、2006年(平成18年)の会社法で新たに規定された。

合同会社の管理

次のページを参照。

合同会社の管理



| 現在のカテゴリ:基礎知識・基本知識 |

現在のカテゴリ:基礎知識・基本知識

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「基礎知識・基本知識」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 会社―分類―合同会社
  2. 会社―分類―合同会社―特色
  3. 会社―分類―合同会社―メリット



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:基礎知識・基本知識 の位置づけ

現在のカテゴリ:「基礎知識・基本知識」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー