紀年法―紀元 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


紀年法―紀元


紀元とは

紀元の定義・意味・意義

紀元(きげん)とは、歴史で通算して年を数える紀年法または通算する際の基準となる最初の年(元年)をいう。

紀元の具体例

西洋
西暦

西暦は、紀元(元年)をイエス・キリストが誕生したとされる年とした紀元(紀年法)で、これが現在、世界的にも使用されている。

日本
皇紀

日本では、明治5年(1872年)に、日本の紀元(元年)を日本書紀に記されている神武天皇即位の年(西暦でいえば紀元660年)とした皇紀が定められたが、昭和23年(1948年)に廃止された。

ちなみに、平成26年(2014年)は、皇紀2674年にあたる。

紀元の位置づけ・体系(上位概念)

紀年法

紀元は紀年法(きねんほう)のひとつとして位置づけることができる。

なお、紀年法には、紀元も含めて、大別すると次の3つの種類に分類できる。

  1. 紀元…ある年を元年(紀元)として無限に通算して年を数える方法
  2. 元号(年号)…皇帝等の即位により改めて(リセットして)年を数える方法
  3. 干支等…一定の年数(60年等)で循環して年を数える方法



| 現在のカテゴリ:暦―基礎・基本 |

現在のカテゴリ:暦―基礎・基本

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 9 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「暦―基礎・基本」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 紀年法
  2. 紀年法―紀元
  3. 紀年法―紀元―皇紀(神武歴)
  4. 暦法―太陽暦(新暦)
  5. 暦法―太陰暦(陰暦・旧暦)
  6. 暦法―太陰暦(陰暦・旧暦)―月―新月
  7. 暦法―太陰暦(陰暦・旧暦)―月―満月
  8. 暦書―暦便覧(こよみ便覧)
  9. 暦書―暦要項(れきようこう)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:暦―基礎・基本 の位置づけ

現在のカテゴリ:「暦―基礎・基本」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー