福利厚生―法定福利 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


福利厚生―法定福利


法定福利とは

法定福利の定義・意味・意義

法定福利(ほうていふくり)とは、法律によって使用者に実施が義務づけられている福利厚生(広義)をいう。

参考:労働問題Q&A(改訂版)/独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT) http://www.jil.go.jp/rodoqa/10_hoken/10-Q01.html

法定福利の位置づけ・体系(上位概念)

福利厚生

法定福利は福利厚生(広義)のひとつである。

なお、福利厚生は次の2つに大別される。

  1. 法定福利
  2. 法定外福利

法定福利の具体例

法定福利は、具体的には、社会保険料の事業主負担を指す。

したがって、法定福利にかかる費用=法定福利費には次のようなものがある。



| 現在のカテゴリ:福利厚生制度 |

現在のカテゴリ:福利厚生制度

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「福利厚生制度」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 福利厚生
  2. 福利厚生―法定福利
  3. 福利厚生―法定外福利
  4. 福利厚生―法定外福利―健康診断(一般健康診断)
  5. 福利厚生―法定外福利―健康診断(一般健康診断)―分類―雇入時の健康診断
  6. 福利厚生―法定外福利―健康診断(一般健康診断)―分類―定期健康診断
  7. 福利厚生―法定外福利―健康診断(一般健康診断)―手続き



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:福利厚生制度 の位置づけ

現在のカテゴリ:「福利厚生制度」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー