登記事項証明書(商業登記)―全部事項証明書と一部事項証明書―全部事項証明書 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

登記事項証明書(商業登記)―全部事項証明書と一部事項証明書―全部事項証明書



全部事項証明書とは

全部事項証明書の定義・意味・意義

全部事項証明書(ぜんぶじこうしょうめいしょ)とは、登記事項証明書(商業登記)の区別のひとつで、会社のすべての登記事項商業登記規則では「区」と呼ばれている)について証明する証明書をいう。

全部事項証明書の位置づけ・体系

全部証明書と一部証明書

商業登記登記事項証明書には、現在事項証明書や履歴事項証明書などの5つの種類があるが、そのそれぞれに全部証明書と一部証明書の区別がある。

したがって、実際には、たとえば履歴事項証明書では、履歴事項全部証明書というかたちで発行されることになる。

なお、履歴事項全部証明書が必要とされる場合が多い。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 9 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「登記簿等の公開(商業登記)―登記簿謄本等・登記事項証明書」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 登記事項証明書(商業登記)
  2. 登記事項証明書(商業登記)―全部事項証明書と一部事項証明書―全部事項証明書
  3. 登記事項証明書(商業登記)―全部事項証明書と一部事項証明書―一部事項証明書
  4. 登記事項証明書(商業登記)―種類―履歴事項証明書―履歴事項全部証明書
  5. 登記事項証明書(商業登記)―登記事項証明書の取り方・取得方法
  6. 登記事項証明書(商業登記)―登記事項証明書の取り方・取得方法(1)法務局の窓口経由①窓口で申請書を提出する方法
  7. 登記事項証明書(商業登記)―登記事項証明書の取り方・取得方法(1)法務局の窓口経由②窓口で登記事項証明書等発行請求機を利用する方法
  8. 登記事項証明書(商業登記)―登記事項証明書の取り方・取得方法(1)法務局の窓口経由③郵送で申請書を提出する方法
  9. 登記事項証明書(商業登記)―登記事項証明書の取り方・取得方法(2)オンライン経由



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:「登記簿等の公開(商業登記)―登記簿謄本等・登記事項証明書」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー