[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など: 時効制度

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。



時効制度

「時効制度」カテゴリのコンテンツ

時効制度」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 7 ページあります。

  1. 時効

    時効とは 時効の意味・定義 時効とは、一定の事実状態が法定期間継続した場合、その事実状態が真実の権利関係であるかどうかと関係なく、権利の取得や消滅という法律効果を認める制度をいいます。時効の分類・種類...
  2. 消滅時効―債権の消滅時効

    消滅時効とは 消滅時効の定義・意味・意義 消滅時効とは、所有権以外の財産権について、権利を行使しない状態が一定期間(これを時効期間といいます)継続することで、その権利が消滅することをいいます。 たとえ...
  3. 時効の中断

    時効の中断とは 時効の中断の定義・意味・意義 時効の中断とは、時効の基礎となる事実状態を破る一定の事実(これを「時効の中断事由」といいます)が生じた場合に、時効期間の進行を中断させることをいいます。 ...
  4. 時効の中断―時効の中断事由―①請求

    時効の中断事由―請求とは 時効の中断事由としての請求の定義・意味・意義 民法は、時効の基礎となる事実状態を破る一定の事実=時効の中断事由の一例として、「請求」をあげています。 時効の中断 ここにいう「...
  5. 時効の中断―時効の中断事由―①請求―催告

    時効の中断事由―催告とは 時効の中断事由としての催告の定義・意味・意義 催告とは、裁判外で、相手方(債務者)に対して債務の履行を請求する一切の行為をいいます。 準法律行為としての催告一般については、次...
  6. 時効の中断―時効の中断事由―③承認

    時効の中断事由―債務の承認とは 時効の中断事由としての債務の承認の定義・意味・意義 民法は、時効の基礎となる事実状態を破る一定の事実=時効の中断事由の一例として、「承認」をあげています。 時効の中断 ...
  7. 時効の中断―時効の中断事由―③承認―時効完成後の債務の承認

    時効完成後の債務の承認 民法は、時効の基礎となる事実状態を破る一定の事実=時効の中断事由の一例として、「承認」をあげています。 ここにいう「承認」とは、時効完成前に債務者が債務を認める行為をいいます。...



関連コンテンツ



「時効制度」の位置づけ

現在のカテゴリ:「時効制度」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー