[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など: 民法の基本原則・ルール

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。



民法の基本原則・ルール

「民法の基本原則・ルール」カテゴリのコンテンツ

民法の基本原則・ルール」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 9 ページあります。

  1. 原則―近代私法の三大原則

    近代私法の三大原則とは 近代私法の三大原則の定義・意味・概念 近代私法の三大原則とは、近代の私法において、原則とされている、次の3つの原則をいいます。 権利能力平等の原則 所有権絶対の原則―物権法の原...
  2. 原則―近代私法の三大原則―私的自治の原則

    私的自治の原則とは 私的自治の原則の定義・意味・意義 私的自治の原則とは、人は自由な意思により法律関係を形成できる、という原則をいいます。 私的自治の原則の趣旨・目的・機能・役割 私的自治の原則は、近...
  3. 原則―近代私法の三大原則―私的自治の原則―法律行為自由の原則

    法律行為自由の原則とは 法律行為自由の原則の定義・意味・意義 法律行為自由の原則とは、自由・平等な個人から成り立つ近代市民社会では、私法上の法律関係は、原則として、各人の自由な意思に基づく法律行為によ...
  4. 原則―近代私法の三大原則―私的自治の原則―法律行為自由の原則―契約自由の原則

    契約自由の原則とは 契約自由の原則の定義・意味・概念 契約自由の原則とは、個人の契約関係は、契約当事者の自由な意思によって決定されるのであって、国家は干渉してはならないという私法の原則です。 これは、...
  5. 原則―近代私法の三大原則―私的自治の原則―法律行為自由の原則―契約自由の原則 ―契約方式の自由

    契約方式の自由とは 契約方式の自由の定義・意味・概念 契約方式の自由とは、契約自由の原則の内容の一つとして、契約は当事者間の合意だけで成立し、どのような方式による契約をしても自由であることをいいます。...
  6. 原則―近代私法の三大原則―過失責任主義(過失責任の原則)

    過失責任主義とは 過失責任主義の定義・意味・概念 過失責任主義とは、他人に損害を加えても、故意・過失がある場合にだけ損害賠償責任を負うという原則をいいます。 過失責任の原則、自己責任の原則ともいいます...
  7. 原則―近代私法の三大原則―過失責任主義(過失責任の原則)―無過失責任主義

    無過失責任主義とは 無過失責任主義の定義・意味・概念絶対的無過失責任主義 無過失責任主義とは、過失責任主義に対する概念として、損害の発生につき、故意・過失がなくても損害賠償責任を負うという原則をいいま...
  8. 制限―信義誠実の原則

    信義誠実の原則とは 信義誠実の原則の定義・意味・概念 信義誠実の原則とは、私的な取引関係においては、相互に相手方の信頼を裏切らないように行動すべきであるとする原則をいいます。 信義誠実の原則の根拠法...
  9. その他―債権者平等の原則

    債権者平等の原則とは 債権者平等の原則の定義・意味・意義 債権者平等の原則とは、同一の債務者に複数の債権者が存在する場合、債権発生原因が何であるのか(たとえば、売買で発生した債権か、不法行為により損害...



関連コンテンツ



「民法の基本原則・ルール」の位置づけ

現在のカテゴリ:「民法の基本原則・ルール」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー