特定調停とは - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

特定調停とは



特定調停とは

特定調停の定義・意味・意義

特定調停とは、支払不能のおそれがある場合に、調停委員会の仲介により、当事者が話し合いにより合意することで、借金を整理する方法をいいます。

特定調停は、民事調停手続きの一種で、いわば裁判所を利用した任意整理といえます。

特定調停の位置づけ

特定調停は、借金整理の一つの方法です。

借金を整理する方法には、特定調停を含め、次の4つの方法があります。

  1. 任意整理
  2. 特定調停
  3. 民事再生
  4. 自己破産

ごく一般的にいえば、借金による窮迫度の高さにしたがって、任意整理特定調停民事再生、自己破産の順で、借金整理方法を選択します。

特定調停の利用の仕方・使い方

借金の総額が少ない場合に利用します。

特定調停のメリットとデメリット

特定調停のメリット・長所・利点・有利な点

特定調停のメリットには、次のようなものがあります。

  • 十分な法律知識を有しない当事者でも、任意整理のように弁護士・司法書士といった専に頼らず、口に備え付けの申立書などのひな型を使って、自分で申立てを行い、手続を進めていくことができる
  • 自己破産の場合のような資格制限はない
  • 自己破産や民事再生場合のように官報や市町村役場の破産者名簿に名が掲載されない

特定調停のデメリット・短所・弱点・不利な点

特定調停のデメリットには、次のようなものがあります。



| 現在のカテゴリ:特定調停 |

現在のカテゴリ:特定調停

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「特定調停」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 特定調停とは
  2. 特定調停―手続きの流れ―概要



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:特定調停 の位置づけ

現在のカテゴリ:「特定調停」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー