旧暦10月(陰暦10月)(神無月・小春) - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

旧暦10月(陰暦10月)(神無月・小春)



旧暦10月とは

旧暦10月の定義・意味・意義

旧暦10月とは、日本が1873年(明治6年)以前に使用していた太陰暦(正確には太陰太陽暦)における10月をいう。

太陰暦とは、月を基準にした暦法をいう。現在の暦は太陽を基準とした太陽暦(陽暦・新暦)である。

旧暦10月の範囲・具体例

新暦10月下旬から12月上旬ころ

旧暦10月は新暦(現在の暦)でいえば、10月下旬から12月上旬ころにあたる。

旧暦10月の別名・別称・通称など

神無月

旧暦10月は神無月(かんなづき・かみなづき)と呼ばれる(異称・雅語)。

小春

旧暦10月は小春(こはる)とも呼ばれる

暖かくて、いかにもらしい気分がするという意味である。

『新明解語辞典 第四版』

季語

小春は季語である。



| 現在のカテゴリ:暦―基礎・基本―旧暦(陰暦) |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 13 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「暦―基礎・基本―旧暦(陰暦)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 旧暦1月(陰暦1月)
  2. 旧暦2月(陰暦2月)
  3. 旧暦3月(陰暦3月)
  4. 旧暦4月(陰暦4月)
  5. 旧暦5月(陰暦5月)
  6. 旧暦6月(陰暦6月)
  7. 旧暦7月(陰暦7月)
  8. 旧暦8月(陰暦8月)
  9. 旧暦8月(陰暦8月)―中秋(仲秋)
  10. 旧暦9月(陰暦9月)
  11. 旧暦10月(陰暦10月)(神無月・小春)
  12. 旧暦11月(陰暦11月)
  13. 旧暦12月(陰暦12月)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:暦―基礎・基本―旧暦(陰暦) の位置づけ

現在のカテゴリ:「暦―基礎・基本―旧暦(陰暦)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー