[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など: 税務―会社の税金関係

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。



税務―会社の税金関係

「税務―会社の税金関係」カテゴリのコンテンツ

税務―会社の税金関係」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 9 ページあります。

  1. 会社が納める税金

    会社が納める税金 会社が納付する税金には、さまざまなものがあります。 会社が存続している限り、税金とは無縁ではいられず、税金は日々の経理業務に深く関わってきます。 大別すると、次のようになります。 会...
  2. 会社が納める税金―法人税等

    (複製)法人税等は、法人税・住民税(法人住民税。道府県民税および市町村民税)・事業税の総称である。
  3. 会社が納める税金―法人税等―中間申告

    (複製)中間申告とは、法人税法等により、中間申告義務がある法人が、事業年度の途中で(つまり、決算により税額が確定する前に)行うものとされている法人税等(法人税・法人住民税・事業税)の一部の申告と納税をいう(法人税法第71条・76条)。
  4. 会社が納める税金―法人税等―中間申告―中間申告義務

    (複製)中間申告義務 中間申告義務の定義・意味・意義 中間申告義務(ちゅうかんしんこくぎむ)とは、法人が法人税等の中間申告をしなければならない義務をいう(参考法人税法第71条・76条)。 中間申告義務の適用範...
  5. 会社が納める税金―法人税等―中間申告―方法

    (複製)中間申告の方法 中間申告には、中間決算にもとづき申告・納税する方法(中間申告書を提出して行う方法)と、前年度実績の半額を中間納付税額として申告・納税する方法(予定申告書を提出して行う方法)の2つの方法...
  6. 会社が納める税金―法人税等―中間申告―期限

    (複製)中間申告の期限・期間・時期 中間申告期限(申告)・法定納期限(納付) 事業年度開始後6カ月を経過した日から2カ月以内 中間申告期限、すなわち、中間申告書の提出または予定申告書の提出(ただし、予定申告書...
  7. 会社が納める税金―法人税―納税―電子納税―インターネットバンキング等による電子納税―登録方式―手続き

    (複製)登録方式の手続きの具体的手順・方法・仕方 登録方式により電子納税するには、e-Taxを利用するための手続きをすませていることが前提となる。 本ページでは、この諸手続きが終了しているものとして、e-Ta...
  8. 書面添付制度

    書面添付とは 書面添付の定義・意味・意義 書面添付とは、税理士法で定められている制度で、税務署に法人税などの申告書を提出する際、税理士等が所定の事項を記載した書面を添付すれば、税務署は税務調査をする前...
  9. 書面添付制度―メリットとデメリット

    書面添付制度のメリットとデメリット(使用・利用・活用方法や使い方のポイント・実務) 書面添付制度を利用するメリット・長所・利点・有利な点 税務調査の可能性が大幅に減ること 書面添付制度を利用しているだ...



関連コンテンツ



「税務―会社の税金関係」の位置づけ

現在のカテゴリ:「税務―会社の税金関係」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー