内容証明書の書き方・書式―1ページに書ける字数・行数(文字数制限) - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

内容証明書の書き方・書式―1ページに書ける字数・行数(文字数制限)



内容証明郵便の1ページに書ける字数・行数(文字数制限)

内容証明は公的な証明サービスですので、一定の書式はあります。

内容証明郵便の書き方・書式―概要・概略・全体像

ここでは、1ページに書ける字数・行数(文字数制限)について、説明します。

 

内容証明郵便では、1枚の用紙に記載できる文字数は法律(郵便規則)で決まっており、1行に20字以内、1枚に26行以内(520文字以内)とされています。

この場合、句読点や括弧(カッコ)などの記号も、原則として1文字として計算されます。

文書は何枚でも作成できます。

ただし、1枚追加するごとに料金が加算されます。

縦書きでも横書きでもかまいませんが、それぞれにより、行数と1行ごとの文字数が決まっています。

縦書きの場合

縦書きの場合は、1行20字以内、1ページ26行以内で文章を作成します。

 

横書きの場合

横書きにした場合には、次の3つのうちから、自分の書きやすいものを選びます。

  1. 1行20字以内、1ページ26行以内
  2. 1行13字以内、1ページ40行以内
  3. 1行26字以内、1ページ20行以内

したがって、手書きで内容証明を作成する場合には、文字数を確認することが面倒ですので、やはり升目(マス目)のある用紙を使用した方が便利でしょう。

 



| 現在のカテゴリ:公的証明―内容証明郵便 |

現在のカテゴリ:公的証明―内容証明郵便

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 13 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「公的証明―内容証明郵便」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 内容証明
  2. 内容証明郵便の効果・効力―メリット
  3. 内容証明郵便の効果・効力―デメリット
  4. 内容証明書の書き方・書式―概要・概略・あらまし
  5. 内容証明書の書き方・書式―使用する用紙や封筒
  6. 内容証明書の書き方・書式―1ページに書ける字数・行数(文字数制限)
  7. 内容証明書の書き方・書式―使用できる文字など
  8. 内容証明書の書き方・書式―内容証明で送る手紙の中身の書き方
  9. 内容証明書の書き方・書式―文書の訂正方法・訂正の仕方
  10. 内容証明書の書き方・書式―封筒の書き方
  11. 内容証明書の書き方・書式―その他内容証明郵便の様式・フォーマット・決まりごと・注意点
  12. 内容証明郵便の出し方・送り方―手続き
  13. 内容証明書用紙のテンプレート



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:公的証明―内容証明郵便 の位置づけ

現在のカテゴリ:「公的証明―内容証明郵便」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー