貸金債権―返済時期あり―貸金返還請求の内容証明書の書式・文例・テンプレート01 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


貸金債権―返済時期あり―貸金返還請求の内容証明書の書式・文例・テンプレート01


基本的法律知識

お金の貸し借りのことを、法的には金銭消費貸借といいます。

通常の契約は、約束(口頭ないしは書面)だけで成立しますが、金銭消費貸借場合は、約束(お金を貸すので、いついつまでに返してくれ)に加え、実際に金銭の授受がなされることが必要なことに注意してください。

なお、返済期限(弁済期限)の定めがある金銭消費貸借場合には、期日内に返済されないときは、損害賠償を請求することができます(民法第415条など)。

損害賠償の額は法定利率(民法が適用される場合には5% 商法が適用される場合には6%)ですが、契約で別途定めた場合には、その約定利率となります(民法第419条)。

内容証明郵便の書面の書き方のポイント

書面には次のような項目を盛り込みます。

貸金返済請求書の具体例(文面・例文・見本)

若干書式が異なりますが、以下の例文をワードで作成したものは次のページからダウンロードできます。

貸金支払催告書(貸金返済請求書・債権弁済催告書)の書き方・例文・文例 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート02 (貸金返済―返済日の定めがある場合)(内容証明)(ワード Word)

貸金請求書

私は、平成○○年○○月○○日に、貴殿に対し、金○○万円を、利息年○割○分、遅延賠償金年○割○分、弁済期平成△△年△△月△△日との約定で、お貸ししました。

しかしながら、現在に至るも全然返済されておりません。

つきましては、本書面到達7日以内に、上記貸金元本○○万円、平成○○年○○月○○日から弁済期までの利息、弁済期以降完済までの遅延賠償金をあわせてお支払いくださるようここに請求いたします。

なお、もし同期間内にお支払いなき場合には、法的措置を取る所存である旨を申し添えます。

平成○○年○○月○○日           

○○県○○市○○町○丁目○番○号
   ○○ ○○

○○県○○市○○町○丁目○番○号
     ○○ ○○ 殿



| 現在のカテゴリ:請求・督促 |

現在のカテゴリ:請求・督促

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「請求・督促」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 売掛金や商品代金の支払い督促状・催促状の書式・文例・テンプレート01
  2. 売掛金―代金請求の内容証明書の書式・文例・テンプレート01
  3. 商品売買―商品代金請求書の内容証明書の書式・文例・テンプレート01
  4. 商品売買―商品代金請求書の内容証明書の書式・文例・テンプレート02(解除通知付)
  5. 貸金債権―返済時期なし―貸金返還請求の内容証明書の書式・文例・テンプレート01
  6. 貸金債権―返済時期あり―貸金返還請求の内容証明書の書式・文例・テンプレート01



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:請求・督促 の位置づけ

現在のカテゴリ:「請求・督促」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー