契約 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


契約


契約とは

契約の定義・意味・意義

契約とは、申込みと承諾によって、債権債務の発生原因となる、代表的な法律行為です。

契約の要件効果法律関係

契約の要件・条件
契約の成立要件

契約の定義から明らかなように、契約の成立要件は、「申込み」の意思表示とこれに対する「承諾」の意思表示の合致です。

ただし、契約が最終的にその効力を発生するには、成立要件も含め、次のような各種レベルの要件を満たす必要があります。

  1. 成立要件
  2. 有効要件
  3. 効果帰属要件
  4. 効力発生要件

契約の効果効力

これも契約の定義から明らかなように、契約により債権債務が発生します。

なお、民法上、債権債務の発生原因となるものとしては、契約も含め、次のようなものがあります。

契約の拘束力―「契約は守らなければならない」の原則

当事者間で契約が締結された場合債権債務が発生し、その意味で、原則として、当事者を拘束します。

これを契約の拘束力と呼びます。

また、「契約は守らなければならないの原則」などと呼ばれることもあります。

ただし、契約の拘束力という原則には、事情変更の原則(場合によっては、契約は拘束力を失うこともある)といった例外もあります。



| 現在のカテゴリ:契約総論 |

現在のカテゴリ:契約総論

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「契約総論」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 契約



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:契約総論 の位置づけ

現在のカテゴリ:「契約総論」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー