貯蓄―強制貯蓄 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


貯蓄―強制貯蓄


強制貯蓄とは

強制貯蓄の定義・意味など

強制貯蓄(きょうせいちょちく)とは、使用者が、労働契約の締結や存続の条件として(=強制して)、労働者と①貯蓄契約または貯蓄金管理契約社内預金または通帳保管)をすることをいう。

  1. 貯蓄契約
  2. 貯蓄金管理契約
    1. 社内預金
    2. 通帳保管

強制貯蓄の規制

強制貯蓄の禁止

労働基準法は、社員に対しての強制貯蓄を禁止している。

労働基準法
(強制貯金)
第十八条  使用者は、労働契約に附随して貯蓄の契約をさせ、又は貯蓄金を管理する契約をしてはならない。

強制貯蓄の禁止の目的・役割・意義・機能・作用など

強制貯蓄の禁止規定は、貯蓄金が社員の足止め対策として用いられることを防ぐためである。

強制貯蓄と関係する概念

反対概念・対概念
任意貯蓄



| 現在のカテゴリ:労働基準法―労働契約 |

現在のカテゴリ:労働基準法―労働契約

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「労働基準法―労働契約」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 貯蓄―強制貯蓄
  2. 貯蓄―任意貯蓄(貯蓄金管理)
  3. 貯蓄―任意貯蓄―方法―社内預金
  4. 貯蓄―任意貯蓄―要件―労使協定―貯蓄金管理に関する協定
  5. 貯蓄―任意貯蓄―要件―貯蓄金管理規定



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:労働基準法―労働契約 の位置づけ

現在のカテゴリ:「労働基準法―労働契約」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー