防音性―遮音性能―基準―空気音―住宅性能表示制度の評価方法基準―壁―Rr - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


防音性―遮音性能―基準―空気音―住宅性能表示制度の評価方法基準―壁―Rr


(" 騒音―防音―遮音性能―基準―空気音―壁―住宅性能表示制度の評価方法基準―Rr "から複製)

Rrとは

Rrの定義・意味など

Rrとは、日本工業規格 A1419-1 に規定する音響透過損失等級(空気音の遮断の程度)をいう。

平成21年土交通省告示第354号「評価方法基準」

Rr目的・役割・意義・機能・作用など

遮音性能の基準

Rrは、実験室で測定された単体での空気音の透過のしにくさ(伝わりにくさ。遮音性)をあらわし、品確法に基づく住宅性能表示制度において、新築住宅のうち共同住宅等の隔遮音性能の基準とされている。

Rrの内容

土交通大臣が評価方法基準のひとつとして次のように定めている。

等級Rr具体的内容
4 Rr-55等級以上 厚さが26cm以上のコンクリートを用いたもの
3 Rr-50等級以上 厚さが18cm以上のコンクリートを用いたもの
2 Rr-45等級以上 厚さが12cm以上のコンクリートを用いたもの
1 所定の透過損失 の構造が建築基準法第30条の規定に適合していること

平成21年土交通省告示第354号「評価方法基準」より抜粋




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 13 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の性能⑧音環境(防音性)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 防音性
  2. 防音性―遮音性能
  3. 防音性―遮音性能―基準
  4. 防音性―遮音性能―基準―空気音―透過損失(音響透過損失)
  5. 防音性―遮音性能―基準―空気音―日本建築学会の推奨基準等―壁―D値
  6. 防音性―遮音性能―基準―空気音―日本建築学会の推奨基準等―壁―TDL値
  7. 防音性―遮音性能―基準―空気音―住宅性能表示制度の評価方法基準―壁―Rr
  8. 防音性―遮音性能―遮音対策
  9. 防音性―遮音性能―遮音対策―筐体―遮音材料
  10. 防音性―遮音性能―遮音対策―筐体―遮音材料―分類・種類
  11. 防音性―遮音性能―遮音対策―筐体―制振材料
  12. 防音性―遮音性能―遮音対策―建具類―窓―防音サッシ
  13. 防音性―遮音性能―遮音対策―建具類―窓―防音サッシ―二重サッシ



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の性能⑧音環境(防音性)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー