建築基準法 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


建築基準法


建築基準法とは

建築基準法の定義・意味など

建築基準法(けんちくきじゅんほう)とは、1950年(昭和25年)に制定された、住宅などの建築物の敷地・構造・設備・用途に関する最低基準を定めた法律をいう。

建築基準法
目的
第一条  この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、民の生命、健康及び財産の保護を図り、もつて公共の福祉の増進に資することを目的とする。

建築基準法の目的・役割・意義・機能・作用など

建築物の最低限の基準

建築基準法は、民の生命・健康や財産を保護等するため、建築物の最低限の基準を定めたもので、建築するうえでの基本となる法律である。

建物耐震性耐火性耐久性などについて細かく定めている。

建築基準法と関係する概念

建築基準法以上の基準を定めたものとして次のようなものがある。

  • 住宅
    • 住宅の品質確保の促進等に関する法律(通称:品確法)
    • 住宅金融支援機構が定める技術基準



| 現在のカテゴリ:内政―都市計画 |

現在のカテゴリ:内政―都市計画

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 21 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「内政―都市計画」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 都市計画法
  2. 都市計画法―都市計画区域
  3. 都市計画法―都市計画区域―分類①―地域地区
  4. 都市計画法―都市計画区域―分類①―地域地区―用途地域
  5. 都市計画法―都市計画区域―分類①―地域地区―用途地域―第一種低層住居専用地域
  6. 都市計画法―都市計画区域―分類①―地域地区―用途地域―商業地域
  7. 都市計画法―都市計画区域―分類①―地域地区―防火対策
  8. 都市計画法―都市計画区域―分類①―地域地区―防火対策―防火地域
  9. 都市計画法―都市計画区域―分類①―地域地区―防火対策―準防火地域
  10. 都市計画法―都市計画区域―分類②―区域区分―市街化区域
  11. 都市計画法―都市計画区域―分類②―区域区分―市街化調整区域
  12. 建築基準法
  13. 建築基準法―建築物(建造物・建物)
  14. 建築基準法―建築物―建築設備
  15. 建築基準法―防火対策―防火材料
  16. 建築基準法―防火対策―防火材料―不燃材料
  17. 建築基準法―防火対策―防火材料―準不燃材料
  18. 建築基準法―防火対策―防火材料―難燃材料
  19. 建築基準法―防火対策―建築物―耐火建築物
  20. 建築基準法―防火対策―法22条区域(屋根不燃化区域)
  21. 建築基準法―建築協定



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:内政―都市計画 の位置づけ

現在のカテゴリ:「内政―都市計画」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー