防音性―遮音性能―遮音対策―筐体―遮音材料―分類・種類 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


防音性―遮音性能―遮音対策―筐体―遮音材料―分類・種類


(" 騒音―防音―遮音性能―遮音対策―筐体―遮音材料―分類・種類 "から複製)

遮音材料の分類・種類

遮音材料材・床材などに使用されるが、この場合、単位面積当りの質量が大きいほど遮音性が向上する(質量則)。

鉄筋コンクリート造場合

遮音材料は次の3つに大別される。

  1. 単層構造
  2. 積層構造
  3. 中空多重構造

以下、日本音響材料協会 「集合住宅を支える最近の遮音対策技術」 音響技術No.164(2013年)などを参考

1.単層構造

単層構造としては、せっこうボード(乾式)、合板、コンクリートなどがある。

ただし、単層のままで界に使えるのは、一般的にはコンクリートであり、かつ相応の面密度が必要になる。

コンクリート単層

鉄筋コンクリート造にしてコンクリート単層を使用することが従来からオーソドックスな遮音対策として、もっとも確実に性能を確保できるものとされてきた。

参考:日本音響材料協会 「音響材料の使い方と技術資料集」 音響技術No.159、2012年、3頁。

なお、遮音性はコンクリートの厚さが厚くなるほど高くなる。

ただし、同じコンクリートといっても、普通コンクリート、軽量コンクリート、気泡コンクリートでは密度が異なるので、同じ厚みでも遮音性能に差が生じる。

参考:日本音響材料協会 「音響材料の使い方と技術資料集」 音響技術No.159、2012年、3頁。

2.積層構造

積層構造としては、たとえば、せっこうボードに制振材料を貼り合わせて遮音性能を向上させた構造などがあげられる。

また、ハニカムなどを芯材としたサンドイッチ構造もこの種に含められる。

3.中空多重構造

中空多重構造は中空層を有するもので、ボード系の多重構造などがある。

中空多重構造では中空層の厚みが遮音性能を左右する要因のひとつである。

同じ面密度ならば中空層があるほうが遮音性能が高い。

ただし、これは界用であり、外には使用はできない。

乾式中空二重

高層の集合住宅(マンション)の界などでは、ボード系の中空二重が使われることも多く、コンクリートに匹敵する遮音性能を確保できる構造も開発されている。

特に、せっこうボード(乾式)系の中空二重(乾式中空二重)には、コンクリート並み、またはそれ以上遮音性能TLD-60)を達成できる製品もあり、集合住宅の界、ホテルの客室間隔住宅の同一戸間仕切などに使用されるものなど多種類のが製品化されている

日本音響材料協会 「音響材料の使い方と技術資料集」 音響技術No.159、2012年、3頁。

木造の場合
遮音シート・遮音パネル等

木造では、厚などの制約があり、遮音シートまたは遮音パネル(遮音パネルはメーカーによっては遮音ボードともいう。また、床の場合は遮音マットなどともいう)などと呼ばれる遮音材料や、制振シート(メーカーによっては制振遮音ボードともいう)などと呼ばれる制振材料をボード系材に貼ることによって遮音性能を向上させることが多い。

なお、この場合だけでなく、床や天井(要するに全面)にも空気音対策や床衝撃音対策のため遮音シート等・制振シートを貼ることが必要である。

参考:日本音響材料協会 「音響材料の使い方と技術資料集」 音響技術No.159、2012年、3頁。

遮音パネルのほうが遮音シートより遮音性能が高い。

しかし、遮音シート等に加えて、内壁材(下地材)にできる限り厚いせっこうボード(単層構造のほか、制振材料を貼り合わせた積層構造のものもある)等、そして、外壁材ALCを用いることでさらに遮音性能を向上させることができる(その際、グラスウールも充填する。また、施工に隙間を作らないよう注意する)。

せっこうボードの継ぎ目にシール材を使用するとさらに遮音性能はアップする。

なお、木造であっても遮音材料を用いた防音サッシよりも遮音性能が高くなる。
そして、音はドア・換気用の開口といった一番遮音性能が低いところから伝わってくるところ、鉄筋コンクリート造にしても等の開口部があるため、結局、建物全体では遮音材料を用いた木造と遮音性能が(あまり)変わらなくなるという結論になる。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 13 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の性能⑧音環境(防音性)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 防音性
  2. 防音性―遮音性能
  3. 防音性―遮音性能―基準
  4. 防音性―遮音性能―基準―空気音―透過損失(音響透過損失)
  5. 防音性―遮音性能―基準―空気音―日本建築学会の推奨基準等―壁―D値
  6. 防音性―遮音性能―基準―空気音―日本建築学会の推奨基準等―壁―TDL値
  7. 防音性―遮音性能―基準―空気音―住宅性能表示制度の評価方法基準―壁―Rr
  8. 防音性―遮音性能―遮音対策
  9. 防音性―遮音性能―遮音対策―筐体―遮音材料
  10. 防音性―遮音性能―遮音対策―筐体―遮音材料―分類・種類
  11. 防音性―遮音性能―遮音対策―筐体―制振材料
  12. 防音性―遮音性能―遮音対策―建具類―窓―防音サッシ
  13. 防音性―遮音性能―遮音対策―建具類―窓―防音サッシ―二重サッシ



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―住宅の性能⑧音環境(防音性)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー