[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など: 相続の承認と放棄

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。



相続の承認と放棄

「相続の承認と放棄」カテゴリのコンテンツ

相続の承認と放棄」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 8 ページあります。

  1. 相続の承認と放棄―概要・概略・全体像

    相続の承認と放棄とは 相続の承認と放棄の定義・意味など相続の承認ないしは相続の放棄の制度とは、相続が開始した(=被相続人が死亡した)後に、相続人が相続を受ける(承認する)か、受けない(放棄する)かを、...
  2. 単純承認―単純承認とは

    単純承認とは単純承認の定義・意味単純承認とは、被相続人のすべての財産と負債(権利と義務)をそのまま相続することをいいます。 単純承認の趣旨・目的・機能民法上、相続の開始によって、相続財産は当然に相続...
  3. 単純承認―単純承認の方法・方式・手続き

    単純承認の仕方・手順(単純承認をするには) 概要・全体像など 相続には、①単純承認 ②限定承認 ③相続放棄の3つの方法がありますが、このうち、単純承認とは、被相続人のすべての財産と負債(権利と義務)を...
  4. 限定承認―限定承認とは

    限定承認とは 限定承認の定義・意味 限定承認とは、相続で得た財産の範囲内で借金を返済すればいいという条件付の相続をいいます。 財産が借金より多かった場合(相続がプラスになった場合)には、残ったプラス分...
  5. 限定承認―限定承認の方法・方式・手続き

    限定承認の仕方・手順(限定承認をするには) 概要・全体像など 相続には、①単純承認 ②限定承認 ③相続放棄の3つの方法がありますが、このうち、限定承認とは、相続で得た財産の範囲内で借金を返済すればいい...
  6. 相続の放棄―相続の放棄とは

    相続の放棄とは 相続放棄の意味・定義 相続人は、相続を放棄することができますが、相続放棄とは、被相続人の権利や義務(財産や負債・借金)を一切受け継がないことです。 (相続の承認又は放棄をすべき期間) ...
  7. 相続の放棄―相続の放棄の要件・効果

    相続放棄の要件 相続を放棄するには、自己のため相続の開始を知った時から、3ヶ月以内に、家庭裁判所に「相続放棄の申述書」を提出する必要があります。 (相続の承認又は放棄をすべき期間) 第九百十...
  8. 相続の放棄―相続の放棄の方法・方式・手続き

    相続放棄の仕方・手順(相続放棄をするには) 相続を放棄するには、相続放棄申述書を家庭裁判所に提出する必要があります。 (相続の放棄の方式) 第九百三十八条  相続の放棄をしようとする者は、その旨を家...



関連コンテンツ



「相続の承認と放棄」の位置づけ

現在のカテゴリ:「相続の承認と放棄」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー