[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など: 遺言

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。



遺言

「遺言」カテゴリのコンテンツ

遺言」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 11 ページあります。

  1. 遺言とは

    遺言とは 遺言の定義・意味 遺言とは、自分の死後の法律関係を定める最終意思の表示をいいます。 相手方のない一方的かつ単独の意思表示で、遺言者の死によって法律効果を発生します。遺言は、書面で作成しなけれ...
  2. 遺言の範囲(遺言事項)

    遺言事項 遺言の制度があることで、人は生前だけでなく、その死後にも自己の財産を自由に処分できるようになります。ただし、遺言により、すべてのことを定めることができるわけではなく、遺言により自分の意思で決...
  3. 遺言書(遺言状)の書き方・作成方法―遺言の方式―概要・概略・全体像

    遺言の方式とは 遺言の方式の意味 遺言は民法が定める一定の方式にしたがって作成することが要求される要式行為です。 この民法が定める一定の方式のことを、「遺言の方式」といいます。 遺言の方式の趣旨・...
  4. 遺言書(遺言状)の書き方・作成方法―遺言の方式―自筆証書遺言―自筆証書遺言とは

    自筆証書遺言とは 自筆証書遺言の定義・意味 自筆証書遺言とは、遺言者がその全文、日付、氏名を自著し、これに押印するという方式をいいます。(自筆証書遺言) 第九百六十八条  自筆証書によって遺言をする...
  5. 遺言書(遺言状)の書き方・作成方法―遺言の方式―自筆証書遺言―自筆証書遺言の要件・方式・方法

    自筆証書遺言の要件(自筆証書遺言作成の方式・方法) 自筆証書遺言とは、遺言者がその全文、日付、氏名を自著し、これに押印するという方式をいいますが、次にかかげる要件を厳格に具備していないと無効となります...
  6. 遺言書(遺言状)の書き方・作成方法―遺言の方式―公正証書遺言―公正証書遺言の仕方・手続き・手順

    公正証書遺言を作成する方法・方式・手続き作成場所公正証書遺言は、原則として公証人役場で作成します。ただし、有料で出張も可能です。手続的要件公正証書遺言を作成する際には、遺言者が自分で選んだ2名の証人の...
  7. 遺言書(遺言状)の書き方・作成方法―遺言の方式―秘密証書遺言―秘密証書遺言とは

    秘密証書遺言とは 秘密証書遺言の定義・意味 秘密証書遺言とは、遺言者が自分で作成した遺言書を持って公証人役場に行き、遺言書の「内容」を(公証人にも)秘密にしたまま、遺言書の「存在」のみを公証人に証明し...
  8. 遺言書(遺言状)の書き方・作成方法―遺言の方式―秘密証書遺言―秘密証書遺言の仕方・手続き・手順

    秘密証書遺言を作成する方法 秘密証書遺言を作成する手続きの流れの概要 秘密証書遺言を作成するための手続きの流れは、次のとおりです。 1.遺言書を作成する 基本的には自筆証書遺言の要領で作成しますが、自...
  9. 遺言書(遺言状)の書き方・作成方法―遺言の方式―公正証書遺言―公正証書遺言とは

    公正証書遺言とは 公正証書遺言の定義・意味 公正証書遺言とは、遺言者が自分が選んだ証人2人(相続人など利害関係のある人は不可)の立ち会いのもとに公証人に遺言の趣旨を口頭で伝えて、公証人がこれを筆記して...
  10. 遺言の執行手続き―検認―検認とは

    検認とは 検認の定義・意味 検認とは、遺言書の保管者が相続開始後遅滞なく提出した遺言書について、家庭裁判所がその存在と内容の確認をするための手続きをいいます。 遺言書を開封する際には、公正証書遺言の場...
  11. 遺言の執行手続き―検認―検認の仕方・手続き・手順

    検認の申立て手続申立先検認の申立ては、遺言者の最後の住所地の家庭裁判所にします。申立人検認を申し立てることのできる人は、次のいずれかです。遺言書の保管者遺言書を発見した相続人申し立てに必要な書類・用紙...



関連コンテンツ



「遺言」の位置づけ

現在のカテゴリ:「遺言」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー