売買契約 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


売買契約


売買契約とは

売買契約の定義・意味・意義

売買契約(ばいばいけいやく)とは、当事者の一方(売主)が財産権を移転すること、相手方(買主)がこれに対して代金を支払うことを約束する契約をいう。

「財産権を移転する」とは、簡単に言えば、商品を引き渡すという意味である。

民法
(売買)
第五百五十五条  売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

 

売買契約書の分類・種類

売買契約書には次のような種類がある。

売買契約の法的性質

諾成契約

売買契約は、買主の「買います」という申込みと、売主の「売ります」という承諾だけで成立する。

つまり、口約束だけでも売買契約が成立し、売主と買主の双方に法的な権利・義務が発生する。

 

不要式契約

売買契約は、一定の様式の契約書を作成しなくても、口約束だけで契約が成立する。

争いになった場合には、実際に口約束だけで相手に権利を主張できるかどうかは別問題である。

 

売買契約の要件効果

売買契約の要件

売主と買主の合意

売り主と買い主が、「売主は商品を買主に引き渡すこと、買主はこれに対して代金を支払うこと」について、合意することが売買契約の成立要件である。

 

売買契約の効果

売買契約書を作成していない場合でも、売主と買主の権利義務関係を補充するため、民法上、さまざまな規定がある。

代表的なものは、売主の商品引渡義務と買主の商品代金支払義務である。

 




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 13 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「法―民事―権利義務―契約―売買契約」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 売買契約
  2. 売買契約書―分類―物品売買契約書(商品売買契約書)
  3. 売買契約書―分類―不動産売買契約書
  4. 売買契約書―収入印紙の要否
  5. 手付(手付金)
  6. 手付(手付金)―要件と効果
  7. (内容証明)商品引渡請求の書き方・例文・文例 テンプレート01(解除通知付)
  8. (内容証明)商品引渡請求に対し商品代金と引き換えに商品を引き渡す旨の回答書の書き方・例文・文例 テンプレート01
  9. (内容証明)商品代金請求に対し商品引渡しと引き換えに商品代金を支払う旨の回答書の書き方・例文・文例 テンプレート01
  10. (内容証明)欠陥商品に対する交換・修理の請求の書き方・例文・文例 テンプレート01
  11. (内容証明)錯誤を理由とする売買契約の無効主張と代金返還請求の書き方・例文・文例 テンプレート(動機の錯誤)01
  12. (内容証明)買主が手付金を放棄して売買契約を解除する場合の契約解除通知書の書き方・例文・文例 テンプレート01
  13. (内容証明)売主が手付金の倍額を償還して売買契約を解除する場合の契約解除通知書の書き方・例文・文例 テンプレート01



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:法―民事―権利義務―契約―売買契約 の位置づけ

現在のカテゴリ:「法―民事―権利義務―契約―売買契約」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー