自動車運転免許証―更新する場合―例外―更新手続きを忘れた場合等―失効日から6ヶ月以内 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

自動車運転免許証―更新する場合―例外―更新手続きを忘れた場合等―失効日から6ヶ月以内



運転免許証の更新手続きを忘れた場合の手続き・手順・方法・仕方―失効日から6ヶ月以内の場合

概要・全体像など

免許が失効した(運転免許証の有効期限が過ぎた)場合、失効してから所定の期間内に運転免許を再取得する手続きのことを失効手続といいます。

この手続きの内容は、入院、海外滞在、身柄拘束等の所定のやむを得ない理由の有無と失効してからの期間に応じて、区分されています。

運転免許証の更新手続きを忘れた場合の手続き・手順・方法・仕方の概要・全体像

このうち、失効日から6ヶ月以内の場合の失効手続きとその内容は以下のとおりです。

救済措置内容

やむを得ない理由がない場合

更新手続きができなかったことにつき、やむを得ない理由がない場合には、免許試験のうち、学科試験と技能試験が免除されます。

ただし、所定の講習と適正試験を受ける必要があります。

やむを得ない理由がある場合

やむを得ない理由がある場合には、再取得した運転免許は失効した運転免許と継続していたものとみなされます。

申請手続

申請先

住所地の都道府県運転免許試験場など

申請人

本人

申請に必要な書類
やむを得ない理由がない場合

必要書類は次のとおりです。

  • 失効した運転免許証
  • 本籍が記載された住民票
  • 写真1枚(3.0cm×2.4cm)
  • 70歳以上の方は、高齢者講習終了証明書
  • 人の方は、外人登録証明書等

やむを得ない理由がある場合

上記に加えて、診断書・入院証明書(原本)、パスポート等(原本)、在所証明書(原本)などのやむを得ない理由を証明できる書類が必要となります。



| 現在のカテゴリ:自動車運転免許 |

現在のカテゴリ:自動車運転免許

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 9 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「自動車運転免許」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 自動車運転免許証―更新する場合―原則
  2. 自動車運転免許証―更新する場合―例外―更新期間前に免許を更新する
  3. 自動車運転免許証―更新する場合―例外―更新手続きを忘れた場合等―概要・全体像
  4. 自動車運転免許証―更新する場合―例外―更新手続きを忘れた場合等―失効日から6ヶ月以内
  5. 自動車運転免許証―更新する場合―例外―更新手続きを忘れた場合等―失効日から6ヶ月超1年以内(やむを得ない理由なし)
  6. 自動車運転免許証―更新する場合―例外―更新手続きを忘れた場合等―失効日から6ヶ月超3年以内(やむを得ない理由あり)
  7. 自動車運転免許証―住所・本籍や氏名に変更があった場合―運転免許証記載事項変更届
  8. 自動車運転免許証―住所・本籍や氏名に変更があった場合―運転免許証記載事項変更届―手続き
  9. 自動車運転免許証―紛失した場合(再交付)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:自動車運転免許 の位置づけ

現在のカテゴリ:「自動車運転免許」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー