本籍 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


本籍


本籍とは

本籍の定義・意味・意義

本籍(ほんせき)とは、戸籍法に基づく戸籍制度上の概念で、戸籍に「本籍」として記載された場所(ただし、日本内の地番のある場所に限る)をいう。

戸籍
第二章 戸籍簿
第六条 戸籍は、市町村の区域内に本籍を定める一の夫婦及びこれとを同じくする子ごとに、これを編製する。

 

本籍の決定方法・決め方

本籍は、原則として、戸籍に記載される人が、実際の居住地とは関係なく、日本内のどこにでも定めることができる。

皇居を本籍としている人もいるというのは、有名な話である。

日本がロシア、中、韓と対立している北方領土、竹島、尖閣諸島、沖ノ鳥島に本籍を置いている人もいる。

 

また、本籍は自由に変更することもできる。

本籍を変更する(移す)ことを転籍という。

転籍については、次のページを参照。

転籍とは

 

本籍と関係・関連する概念

本籍地

本籍により示される場所のことを本籍地という。

本籍地は、地番または住居表示により、表記される。

  • 地番により表記する場合…○○県○○市○○町○○番地
  • 住居表示により表記する場合…○○県○○市○○町○○丁目○○番○○号

 

ただし、本籍地は本籍と同じ意味で使用されている場合も多い。

 

本籍の趣旨・目的・役割・機能

戸籍の所在地・保管場所

かつては「本籍とは古里」という意識があったが、現在は戸籍の所在地としての意味しかなくなっている。

つまり、本籍は戸籍を管理するためのもので、本籍地のある市区町村がその戸籍を保管することになる。

したがって、戸籍謄本戸籍抄本は、現住所ではなく、本籍地の市区町村役場で発行してもらうことになる。

戸籍―戸籍謄本・戸籍抄本の取得・取り方

なお、戸籍謄本戸籍抄本)は郵送でも請求できる。

 

戸籍のインデックス

本籍は戸籍の筆頭者とともに、戸籍のインデックス(=見出し)としての役割を果たしている。

つまり、本籍と筆頭者の2つにより正確な検索(戸籍の特定)が可能になる。

 

こだわりの拠点など

北方領土、竹島、尖閣諸島、沖ノ鳥島に転籍をした人は領土問題を意識しているものと思われる。

このように本籍はこだわりの拠点などになっている場合もある。

 

住民票の記載事項

本籍は住民票の記載事項のひとつとされている。



| 現在のカテゴリ:戸籍―本籍 |

現在のカテゴリ:戸籍―本籍

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「戸籍―本籍」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 本籍
  2. 本籍―本籍の変更(本籍地の変更)―転籍
  3. 本籍―本籍の変更(本籍地の変更)―転籍の手続き―転籍届(必要書類など)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:戸籍―本籍 の位置づけ

現在のカテゴリ:「戸籍―本籍」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー