記名捺印 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

記名捺印



記名捺印とは

記名捺印の定義・意味・意義

記名捺印(きめいなついん)とは、記名に加えて捺印する(署名の末尾にを押す)ことをいい、基本的には記名押印と同義である。

ただし、「署名」に対しては「捺印」という言葉を用い(→「署名捺印」というように使う)、「記名」に対しては押印という言葉を用いる(→「記名押印」というように使う)といった使い分けがされていることもある。

記名捺印の趣旨・目的・役割・機能

記名には本人の筆跡がない(記名は本人でなくても誰でもできる)ので、記名だけでは署名の代わりにはならない。

しかし、商法その他の法律により、記名押印(記名捺印)をもって署名に代えることができるとされている場合が多くある。

商法
第三十二条  この法律の規定により署名すべき場合には、記名押印をもって、署名に代えることができる。

 

日本では、この記名押印(記名捺印)が一般的で、特に契約の際にはよく使用されている。

ただし、民法上、たとえば、遺言書作成など特別な場合には、特に署名が必要とされている場合がある。



| 現在のカテゴリ:署名・記名と捺印・押印 |

現在のカテゴリ:署名・記名と捺印・押印

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 13 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「署名・記名と捺印・押印」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 署名
  2. 記名
  3. 捺印
  4. 押印
  5. 押印―方式―割印
  6. 押印―方式―契印
  7. 押印―方式―捨印
  8. 押印―方式―消印
  9. 押印―仕方(押印の仕方・正しい印鑑の押し方)
  10. 署名捺印
  11. 署名押印
  12. 記名捺印
  13. 記名押印



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:署名・記名と捺印・押印 の位置づけ

現在のカテゴリ:「署名・記名と捺印・押印」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー