押印―仕方(押印の仕方・正しい印鑑の押し方) - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

押印―仕方(押印の仕方・正しい印鑑の押し方)



押印の仕方(印鑑の押し方)

正しい印鑑の押し方とは? とあらためて聞かれると結構迷うものである。

 

公文書の場合には、所属長の名の最の文字の半分にかぶせるような形で公用を押す。

 

これに対し、契約書などの私文書の場合は、署名または記名)に影を重ねて押すのかどうかにつき、諸説があるが、法律的には何ら規定はない。

したがって、署名した文字に影がかかっていようがいまいが、問題はない。

ただし、鑑定が必要になったときのことを考慮すれば、影がはっきりとわかるように、最の文字には重ね合わせないで、そのすぐ右ないしは下に押した方がいいと思われる。

 



| 現在のカテゴリ:署名・記名と捺印・押印 |

現在のカテゴリ:署名・記名と捺印・押印

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 13 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「署名・記名と捺印・押印」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 署名
  2. 記名
  3. 捺印
  4. 押印
  5. 押印―方式―割印
  6. 押印―方式―契印
  7. 押印―方式―捨印
  8. 押印―方式―消印
  9. 押印―仕方(押印の仕方・正しい印鑑の押し方)
  10. 署名捺印
  11. 署名押印
  12. 記名捺印
  13. 記名押印



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:署名・記名と捺印・押印 の位置づけ

現在のカテゴリ:「署名・記名と捺印・押印」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー